気軽に贅沢な食事が楽しめるクラリッジホテルのレストラン

Reading Room(リーディングルーム)

Reading Room(リーディングルーム)

Reading Room(リーディングルーム)

Reading Room(リーディングルーム)

日本ではあまり知られていないが、英国やアメリカなどのセレブには、人気のホテル「クラリッジ」。ホテル内のレストランに手頃なセットメーニューがあると聞いてさっそく行ってきた。

ホテルは、アールデコを基調にしたデザインで、歴史と格調の高さが感じられる。英国ならではの室内デザインだ。入り口正面にあるティーラウンジがレストランの受付。

3コースのセットメニューは、ランチでも、夜でも£32.50と老舗としては、かなり手頃な価格。(メニューは、一週間毎に変更)スタータに選んだのは、アンコウ(Medallion of Monkfish)。連れ合いは、冷たいキュウリのスープ(Minted Cucumber Soup)。歴史あるホテル内のレストランは、伝統的な、つまりオールドスタイルな料理と思いがちだが、出された料理は、盛りつけも斬新なフュージョン系料理で、ちょっとうれしい期待はずれだ。アンコウは、味はもちろん、松の実の甘さとプリッとした魚のコンビネーションがとてもよい相性。スープは、大きめのコーヒーカップでサーブされ、まるでカプチーノのように泡だてられちょっとおもしろい。キュウリの味がほんのり口に残り、これから暑くなる夏にはピッタリのスターターだ。

メインには、ヒメジのフィレ(File of Red Mallet)と鳩の胸肉(Roast Brest of Pigeon)を注文。魚料理は、丁度よい塩加減だ。オリーブオイルを使いながらもお酢がアクセントとなり、あっさりとした出来栄えで、たいくつせずに最後までおいしく食べられた。鳩は、モツのような癖があるので、鶏肉が淡白と感じる方にはぜひ試してほしい。

デザートは、チョコレートタルトとパッションフルーツ(Chocolate and Passion Fruit Tasting)を注文。盛りつけに気が利いている。タルトを上手く立ち上げ、マンゴシャーベットとチョコの飲み物の3品をアート風にデコレーション。甘さ加減も丁度よい。お腹が一杯になったが、残すのがもったいないのですべて平らげた。コーヒーの代わりに最近お気に入りのミントティーを頼むと、いい香りがする。これは、フレッシュなミントを使用した匂いだ。さすが老舗と、予期していないだけに感激だ。飲み物には、おきまりのプチお菓子がついてきた。甘いものはお好きなかたは、お腹のスペース配分に気をつけて。

グリーンで統一されたソファーとリモージュに特別オーダーした緑の食器。広々とした空間で行き届いたサービス、ちょっとリッチな気分になれてこの価格は凄くうれしい。老舗は、服装やマナーなど堅苦しイメージがありつい敬遠してしまうが、意外にも気軽に食べられるのでぜひ一度訪れてほしい。ジーンズやスニーカ-を避け、男性は会社に行くのと同じようにスーツとネクタイ、女性はワンピースやジャケットさえ着ていれば、まったく引け目を感じない。ウエイターもとてもフレンドリーだ。アフタヌーンティーやホテル内にあるゴードン・ラムジーのレストラン「Gordon Ramsay at Claridge’s」も今度試してみたい。

店舗情報
住所:Brook Street, Mayfair, London W1A 2JQ
TEL:+44 (0)20 7107 8886(要予約)
WEB:http://www.claridges.co.uk
料理のタイプ:ブリティッシュ
価格の目安(1人) :£42
営業時間:
Dining
月 – 日 7:00-23:00

Afternoon tea
Daily:
14:45, 15:00, 15:15, 15:30,
16:45, 17:00, 17:15, 17:30

Musical entertainment
日 – 木 15:00-21:30
金 – 土 15:00-22:30

Related Posts

ロンドン一望!ガラス張りの展望台で愉しむモダンブリティッシュ / Fenchurch Restaurant

ロンドン一望!ガラス張りの展望台で愉しむモダンブリティッシュ / Fenchurch Restaurant

ロンドンで熟成肉のステーキを食べるなら! / Foxlow

ロンドンで熟成肉のステーキを食べるなら! / Foxlow

Hawksmoor(ホークスモア)

Hawksmoor(ホークスモア)