バルセロナへ行ったらこんなミュージアムへもぜひ!

たとえばロンドンには扇子博物館、玩具博物館といった小さな専門博物館がたくさんある。科学博物館の中には、シティから引越してきた時計博物館が収まっている。今はなくなってしまったが、昔はダンヒルの店内にパイプ博物館もあった。そんな専門館が物品を少しずつ持ち寄り、一つのお屋敷の中で店開きしたらこうなりました、といった感じのミュージアム。人が思わず集めたくなってしまう類のものがコレクションとして勢揃いしていて、大変におもしろい。

フレデリック・マレー・ミュージアムは、スペイン、バルセロナ市ゴシック地区のかつての王宮の敷地内にある。このコレクションのオーナーだったフレデリック・マレー(1893~1991)は、スペインではよく知られた彫刻家だった。公共の場に設置する王族や有名人の記念像、キリスト教に関連した宗教的作品の制作を主な仕事とし、美術学校の教師も務めていた。

 

・・・続きは
清水晶子(ロンドン在住ジャーナリスト)の「ロンドンのミュージック&ミュージアム」でどうぞ。