事故防止

運転中は車間距離を十分に保ちましょう。事故が起きやすい円形交差点(roundabout)や駐車場では特に注意が必要です。

事故が起きたら

万が一事故を起こしたとき(巻き込まれたとき)は、

  • 車をできる限り交通の妨げにならないところに移動
  • 事故の相手と、名前、車のナンバー、住所、電話番号、保険会社名、保険契約番号を交換
  • 発生時間、場所、現場の状況、周囲の道路標識、交通状態などを正確に記録する。スケッチ、写真などがあればなおよい
  • 目撃者(witness)がいれば、連絡先を聞いておく
  • 事故現場では「I am sorry.」と言わないこと。ただし、「Are you all right?(だいじょうぶ?)」、「Are you hurt?(けがはない?)」などのことばで相手の状態を聞く。また、この時点では、いかなる書類にもサインしないこと。

事後処理

車に修理が必要になった場合は、保険会社の事前承認なしに修理を始めないように。まず加入保険会社の事故報告窓口に連絡して指示を得ること。補償範囲内の損害は、保険会社が相手との交渉を行います。

警察への届け

事故を起こした際、必ずしも警察に届ける義務はありませんが、人、動物(犬、馬、牛、鹿など)、第三者の所有物(信号機や建物)を傷つけてしまい、現場で相手に詳細を渡せない場合は、24時間以内に警察に届けなければなりません。

ブレークダウン

車が故障(breakdown)した場合、AAやRACなどのロードサービスに連絡を。ヨーロッパ内をカバーするものもありますので、メンバーになっておくと安心です。

犯罪と防犯

自動車や車内の所持品を狙う盗難を未然に防ぐため、車を離れるときは外から見える場所に所持品を置かないこと。やむを得ない場合はダッシュボードやトランクに隠すなど泥棒に狙われないよう心がけてください。アラームがある場合は必ずセットし、全てのドアをロックすること。

運転手同士の小競り合いが暴力事件に発展するケースも少なくありません。十分に気を付けてください。

(*この項の協力:Aioi Nissay Dowa Europe