自動車購入の最初のポイントは新車か中古車かということです。ディーラーのほとんどは両方扱っています。

中古車購入

中古車の情報は日系情報紙の広告欄にも豊富に掲載されています。「SALE £○○○」と書いた紙を貼って走っている自動車もよく見かけますが、個人的な取引は、アフターケアなどの問題もあるので慎重に。

査定

中古車購入の際、売り主の許可があればAA などのロードサービス会社で査定(有料)の依頼ができます。不安なときはプロに見てもらいましょう。

リース

新車の価格が高い英国では、滞在期間によってはリースも有利。ファイナンス・リース(finance lease/車体使用料のみを払い、メンテナンス費用などは契約者負担)、コントラクト・リース(contract lease/使用料は整備・修理・管理費込み)の2種類があります。

車両登録

新車登録は、保険に加入してその保険証書を渡せば、手続きは全てディーラーが行い、3~6週間後、車両登録証(Vehicle Registration Certificate)がDVLA から送られてきます。中古車の場合、車両登録証V5C のSection 6の欄に記入、Section 8の欄に署名し、DVLAに送付し、新しい登録証を発行してもらいます。車両登録証は車とは別に保管しておきましょう。

税金

車両にかかる道路使用税(Vehicle Tax/CO2排出量、車両登録年、燃料タイプにより年間£20~490)は、毎年期限が切れる頃に必要書類が送られてきますので、オンラインまたは郵便局で更新料を支払います。車検(MOT)証明の提示も必要。なお、期限までに未払いの場合、自動的に罰金が科せられます。

中古車の税金は購入した時点から新オーナーの義務となります。車両登録V5C とともにオンライン(www.gov.uk/vehicle-tax)、または郵便局にて支払います。

自動車保険

英国の自動車保険の内容は商品によってさまざまです。いくつかのブローカーから見積を取り、比較して選ぶとよいでしょう。

自家用車でヨーロッパ大陸をドライブする際、ほとんどの主要国では保険カバー地域の延長手続(グリーンカードの取得)は不要になりましたが、グリーンカードは一定のクレーム手続をスムーズにすることもありますので、保険会社に取得が必要か確認しましょう。

自動車保険の種類

Third Party Only
対人・対物無制限。自賠責保険。自分の車の修理はできない。

Third Party, Fire & Theft
Third Partyに加えて、火災・盗難をカバー。

Comprehensive
任意保険/各社独自のオプションあり。

Legal Protection
保険関連の法的相談と、保険でカバーされない免責部分の回収作業、法務費用の負担。

Windscreen
窓ガラス交換。普通Comprehensiveには含まれている。

駐車

自家用車の多くは自宅付近に路上駐車をしていますが、地域によっては許可(parking permit)が必要です。住所の証明と、自動車の登録関係書類(registration document)を持ってカウンシルで申し込みます。

(*協力:jaz