英国の免許証

英国の運転免許証を統括している機関には、運転免許証交付局DVLA(The Driver and Vehicle Licensing Agency)と、北アイルランドを管轄するDVA(Driver & Vehicle Agency)があります。郵便局に新規取得や書き換えの各種申し込み用紙が用意されていますが、DVLAはオンラインで申請することも可能です。

英国内では北アイルランドの免許証のみ、フォトカードと書類で一組です。

フォトカード付きの免許証は、70歳までは10年ごとに、70歳以後は3年ごとに書き換えます。

免許証を英国版に切り替えた場合、日本の免許証が返却されない場合もあるので、1年以内の滞在の場合は、日本で国際免許証を取得するのがよいでしょう。

英国免許に書き換え

英国に居住して5年以内で、申請時に有効な日本の免許証を持っていれば、書き換え 英国の免許証に書き換えることができます。
① まず、切り替えに必要な書類のうち、自動車運転免許証抜粋証明書を総領事館窓口で申請します(遠方にお住まいで在留届を提出している方は郵送も可)。発給は申請受理日の2日後(土・日・閉館日を除く)。詳細は在英国日本国大使館のサイト(www.uk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/index_000048.html)を参照。
② ①に加え、その他の必要書類を揃えてDVLA(北アイルランドの場合はDVA)の所定の住所に郵送します。その他の必要書類はDVLA の場合、申請書D1(オンラインまたは郵便局で入手可)、有効な日本の運転免許証、手数料分の小切手またはポスタルオーダー、写真1枚(詳細はD1 参照)、身分証明書(パスポート原本、またはBiometric Residence Permit)、英国での滞在許可を証明するもの(旅券に貼付された滞在許可証やBiometric Residence Permitなど)となります。

パスポートの送付と同封する返却用封筒は、配達証明の付く書留(Recorded Signed For)かスペシャル・デリバリー(Special Delivery)扱いにしておき
ましょう。

記載事項の変更

取得した免許証の記載事項に変更があった場合は、必要事項を記入して、フォトカードと申請書を送付して変更手続きをします。名前が変わった場合は、D1の申請書、パスポート、結婚証明書などの関係書類も必要。

免許証の再発行

免許証を紛失した場合、クレジット/デビットカード払いで免許証の複製を作成してもらえます。DVLAに電話(T 0300-790-6801)をするか、www.gov.uk/apply-online-to-replace-a-driving-licenceからD1フォームをダウンロードし、郵送します。再発行料は、失くした免許証の種類によって違います。ペーパー・ライセンス(paper licence)(旧免許)の場合は、フォトカード付き免許証に切り替わるので、D1と関係書類も必要。

取得した免許証の記載事項に変更があった場合は、必要事項を記入して、フォトカードと申請書を送付して変更手続きをします。名前が変わった場合は、D1の申請書、パスポート、結婚証明書などの関係書類も必要。

パスポートを送らずに 英国運転免許証への切替手続きが可能

通常、パスポートなどの身分証明書を送付して英国運転免許証への切替手続きを行いますが、必要書類一式を直接事務所に持参すれば、パスポートはその場で返還される特別申請方法があリマス。なお、運転免許証は後日郵送されます。

スウォンジー事務所チェッキング・サービス

DVLA Reception:
Longview Road, Swansea SA6 7JL
受付時間:月〜金 8:30 – 16:00(受付時間は事前確認のこと)

※予約不要。窓口担当者がこのサービスについて知らない場合には、Japanese Account Managerを呼び出す。
※頻繁に海外出張をする必要があり、上記での切替申請ができない特別な事情がある場合は、在英日本国大使館に相談を。

ルート案内・保険・ロードサービス

AA www.theaa.com
RAC www.rac.co.uk
Green Flag www.greenflag.com