アフタヌーン・ティーの習慣は、19 世紀半ばに英国貴族の館で生まれました。軽いランチと遅いディナーの間、小腹のすく頃に貴婦人たちがサンドイッチやお菓子を紅茶と一緒につまみながらおしゃべりに興じたのが始まり。

3 段トレイに載った各種サンドイッチ、スコーンとクロテッドクリーム&ジャム、焼き菓子、ポット入り紅茶が定番のメニューです。優雅な気分が味わえるこの習慣は、ホテルやカントリーハウスなどのティールーム、最近ではレストランなどでも気軽に体験できるようになりました。

ドレスコード

格式あるホテルなどのラウンジでは、ジーンズ、T シャツ、ショートパンツ、トレーナーなどカジュアルすぎる服装は避けます。

ティールームの座席には限りがあります。特に混み合う週末は、予約することをお勧めします。