予約をしよう

都市部の人気レストランは、当日でも予約をした方が無難です。12 月25 日のクリスマス・デーと26 日のボクシング・デー(Boxing Day)は、ほとんどのレストランは休業。ホテルのレストランは営業しています。

勘定書

最後に勘定(bill)を頼んだら、明細を見て、サービス・チャージが入っていればチップは不要。そうでない場合は10%を目安に、おつりをもらった後でチップの分を残します。カードで支払う場合はチップの分を足した金額にして(はじめから金額が記されている場合もあります)、支払います。

子供とレストラン

特に夜、一般にレストランには子供を同行しません。子供はベビー・シッ ターとお留守番。しかし、カジュアルなレストランでは子供歓迎の場合もあります。大人が楽しむ高級レストランは、子供連れでも大丈夫かどうか事前に確認することをお勧めします。ランチならOK の場所も。

 

ロンドンは美味しい

世界中で悪名高かったイギリスの外食事情はここ20 年で大きく改善された。特に世界中から才能あるシェフたちが集まって来るロンドンは、この10 年の間にヨーロッパでもトップクラスの美食の街に成長。シェフと客の双方が経験を広げて舌を肥やしているため、外食産業全体のレベルが大きく底上げされているのだ。街に繰り出せば業界をたえまなく牽引するクリエイティブなモダン・ブリティッシュから、変わらぬ人気を誇るインド料理の進化系、手軽に食べられるアジア飯や中東の味、南米からのニューウェーブ、お洒落なカフェで出されるデリご飯まで、一定スタンダードをクリアした美味しい皿の数々に出会うことができる。そんな中、せっかくの英国滞在で伝統の味を知りたいなら、ぜひパブへ。とりたてて語るほどではなかったパブの食事も、1990 年代頃から高級レストランで修業したシェフたちが厨房に入ると徐々に変貌を遂げ、美食を提供する「ガストロパブ」が登場、新世代のパブ料理を提供するようになった。そして今ではこだわりの小規模醸造所によるクラフト・ビールやワインを一緒に楽しめるようになり、英国の外食産業は花盛り。偏見を捨て、ぜひ外食も楽しんでほしい。英国レストラン情報はこちら