パブ概要

英国はパブ文化の国。11〜12世紀のタヴァーン やイン(宿屋兼酒場)がパブの前身で、パブリック・ハウス(Public House)と呼ばれ始めたのは17世紀後半。英国の生活に不可欠なものになりました。

英国のパブは徐々に減少しつつあり、2002年には6万軒以上あったものが2015年末には53,000件程度に。昔は、女人禁制で、saloon/lounge(中・上流階級用)とpublic(労働者階級用)の2つに入口が分かれていましたが、現在は、性別や階級による境はありません。

注文のしかた

カウンターで飲み物を注文し、その場でお金を払うシステム。基本的に現金払いですが、最近はカードを受け付ける店も増えています。チップは不要。

パブで飲むものといえば、まずビール。パイント(pint=約570ml)か、 ハーフ・パイント(half pint)のグラス、または小瓶入り。

子供の立ち入り

パブへの子供の立ち入りに関しては、法律で定められたルールがあります。違反すると保護者や経営者も罰せられます。18歳未満は(大人のためであっても)アルコールを注文してはいけません。

16歳以下の子供は、保護者(18歳以上の大人)が同伴し、パブ側が許可する限りパブのどこへでも入場可。ただし、子供連れでの入店は、ランチ時を中心に昼間に限られている場合がほとんどで、飲み物はノン・アルコールのみ。16、17歳の子供は、保護者(18歳以上の大人)同伴であれば、食事をするときに限り、ビール、サイダー、ワインを飲んでもよいが、自分で購入はできない、という決まりになっています。