スーパーマーケットや市場に行くと、日本ではあまり馴染みのない、さまざまな野菜を見かけます。ここでは、日本人にはちょっと珍しい、英国の代表的な野菜をご紹介します。

●Beetroot(ビートルート)
旬:7〜1月/砂糖の原料になるテンサイの仲間で、カブや大根のように根の部分を食する根菜 類。英国のスーパーでは、酢漬けパックや瓶詰めが販売されている。糖分を多く含み、ビタミンC、繊維質、カリウム、マンガンなどが豊富。

●Turnip(ターニップ〈カブ〉)
旬:6〜7月、10〜1月/栽培されるようになったのは、紀元前2,000年頃までさかのぼるといわれ、ジャガイモが生産される以前のヨーロッパでは重要な食料であったという。旬は年2回。初夏のものは、首が紫で本体は白色。冬のものは、首が緑色で本体が黄色っぽい。ビタミンB、ビタミンC、繊維質などが豊富。

●Butternut Squash(バターナッツスクワッシュ)
旬:9〜11月/瓜科の野菜。栗カボチャやオレンジ色のパンプキンなど、スクワッシュにはいろいろな種類があるが、ひょうたん型のバターナッツスクワッシュは最もポピュラー。日本のカボチャほど甘みはなく淡白な味。総合的栄養価が高く、ビタミンA、ビタミンC、ベータカロチンを多く含む。

●Parsnip(パースニップ)
旬:10〜2月/セリ科の植物で、根を食用する根菜類。もともとユーラシア大陸に自生しており、中世には貴重な主食だったという。ナッツのような独特の香りとほのかな甘みが特徴。ビタミンC、葉酸、またカルシウムやカリウムなどミネラルが豊富で、繊維質も多い。

●Artichoke(アーティチョーク)
旬:6〜11月/地中海地方が原産地で、大型のアザミの花のつぼみの部分。16世紀、アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディチの婚礼の際に、イタリアからフランスに伝わり、ヨーロッパに広がったという。つぼみの中心部にある、柔らかいガクの部分と花托(かたく=底の部分)を食べる。鉄分などのミネラルや繊維質、ビタミンB6、ビタミンCに富む。

●Rhubarb(ルバーブ)
旬:6〜7月/タデ科の植物、食用大黄であり漢方薬にも使われている。大きく広がった葉とフキのような太い葉柄からなり、この葉柄の部分を食用とするが、生食されることはほとんどない。(ちなみに、葉っぱの部分は毒素を含んでいて食べられないので注意)調理すると、リンゴに似たような酸味とアンズのような香りが特徴。ビタミンC、カルシウム、繊維質が多く含まれている。