入国審査

旅行者も、ビザ保持者も、日本のパスポート保持者は入国の際、入国カード(Landing Card)を提出し、入国審査を受けます。

有料となりますが、事前に登録ができればUK やEU のパスポート保持者用の列を使って国境審査を早く済ませることができます。

審査ブース

入国審査は、EU 加盟国のパスポート保持者対象のブースとそれ以外の国籍者対象のブースに分かれています。

旅行者は、渡航目的や旅行期間を聞かれ、帰りの航空券の提示を求められたり、所持金額について質問されることもあります。

荷物の紛失

空港で、万一荷物が出てこないときは、遺失物(lost & found)の係に申し出、指示に従います。そのとき、後日荷物を引き取る際に必要になるクレーム・タグ(claim tag)を受け取り、それまで紛失しないようにしてください。盗難でなければ、2 ~ 3 日で見つかる場合がほとんどです。

税関

その後、税関へ。課税対象の物品を持っている人は、赤ランプ、それ以外の人は緑ランプのカウンターで検査を受けます。

出国時

出国時は、搭乗手続きを少なくとも出発の2 時間前には済ませましょう。

免税

特に、免税手続きの予定のある場合は、混雑することを考慮し、余裕を持って空港に到着するように心掛けましょう。

免税を申告する物品は、必ず手荷物で携帯します。検査時に求められた場合、提示しなくてはいけません。

海外に住む日本人は、日本に一時帰国した際に日本で買った物について消費税の免税措置を受けることができます。

 

もう並ばなくてもいい。入国審査がラクラクになるRegistered Traveller制度とは?

英国入国の際の入国審査の列は、UK またはEU パスポート所有者とそれ以外と2つに分かれており、後者の列は混み合うことが多く、時には数時間も並ばなければならないこともある。事前に手数料を支払い登録することによって、UK またはEU の列(また、e パスポートのゲートがある空港ではそこも使える)で入国できる制度がある。ランディングカードを記入する必要もなく、指紋チェックや入国管理官からの質問も受けずに済む。申請できるのは、何らかのビザを持っているか、過去24 ヵ月の間に4 回以上英国を訪れている、指定された国籍の18 歳以上のみ。審査費用は£70 で、却下となった場合には£50 が返金される。申請はウェブサイトで。10 営業日以内に結果が通知される。登録は1年間有効。

 

一時帰国の買い物は免税に

海外に居住している日本人は、一時帰国した際に日本で買った物について消費税の免税措置を受けることができ、主な百貨店は、申告書作成を受け付けている。申告できるのは、海外に居住し、一時帰国の期間が6 ヵ月以内である人(ただし、外国での居住年数を条件にしている百貨店もある)。免税措置の条件は、同じ店で1 日に一般物品5,000 円(消費税除く)以上、消耗品5,000 円〜500,000 円(消費税除く)の範囲。一般物品と消耗品の購入金額の合算は不可。なお、購入した品物の日本国内での使用や譲渡はできない。申告に必要なのはパスポートと、対象となる買い物のレシート(クレジットカードで購入した場合は使ったカード)。買い物をした百貨店の免税カウンターで購入日に受け付けをし、その場で現金にて返金される(カードで購入した場合を含む)。免税対象とならない商品もあるので購入店で確認を。