日本へのチケット

英国・日本間の直行便は、羽田または成田空港発着便のみです。その他の空港へ到着したい場合は、経由便を利用することなります。

若者や学生向けに、一般より安いユース料金を設定している航空会社もあります。年齢や条件は航空会社によって異なります。

経由便

直行便に比べ安価な経由便は、欧州各航空会社を中心に、北回りで1 度の乗り継ぎが一般的。日本までの所要時間は16 時間前後。アジア・中東系航空会社による南回り経由便は20 時間ほどかかります。追加料金なくストップオーバーできることもあり、利用価値あり。

航空券購入

航空チケットは、旅行代理店に電話かサイトで購入するか、利用したい航空会社のサイトから直接購入します。金額は、まちまちなので比較して購入するとよいでしょう。

座席指定

チケット購入時に座席を指定できる、または、自動的に席が決められてしまうなど航空会社によって異なります。後者の場合でも別途料金を支払えば、席の移動が可能となる場合があるので、利用する航空会社のサービス内容を確認しておくとよいでしょう。

欧州への格安航空会社(LCC)

行き先は限られていますが、インターネットで簡単に申し込める格安航空会社も人気。ただし、遅延やキャンセルの場合の保障や処理に問題点が多い会社もあります。また、使用空港が市街から遠い不便な場所にあることも少なくありません。街中に出るためバスやタクシーを使い、余計にお金がかかることもしばしばありますので、予約前に空港の所在地を確かめておくことが大切です。機内サービスや受託手荷物サービスは有料。

LCCの荷物

LCCの機内手荷物は、サイズや個数が比較的厳しくチェックされます。規定外サイズや個数を持ち込む場合、別途費用がかかる場合もありますので事前に調べておきましょう。また、預ける荷物も事前申告をしないと料金が高くなることがあるので、お土産などで帰りの荷物が増えそうな場合にはあらかじめ申告しておくとよいでしょう。

LCCの搭乗券

LCC は、価格が安い分自分で行う作業が多いサービス。オンラインでチェックインをし、搭乗券を印刷または専用のスマホアプリ内にダウンロードして空港へ出向きます。空港カウンターでの搭乗券発行は有料です。

LCCでも快適な旅行が受けられる有料サービスとは?

格安飛行機会社では、航空券が安い分、他のサービスに料金がかかることが多い。例えば、大手格安飛行機会社easyJet には、easyJet Plus という有料サービスがある。年会費£199 を払って会員になると、チェックインの際の座席選択、専用の荷物預けカウンターの利用、EU 内空港における専用セキュリティレーンの使用、優先搭乗などのサービスが受けられる。また、持ち込み可能な手荷物の数が通常の1 個から2 個になるといったサービスもあり、頻繁に利用する方なら会員になる価値があるだろう。

パスポート

国内線の利用にも写真付き身分証明書が必要です。万が一の場合に備えてパスポートを持参した方が安心です。Ryanair では、海外に出る際は搭乗前にカウンターでビザの確認を済ませることを条件にしています。

 

アメリカへの入国登録有料化

アメリカに入国する際に、日本を含むすべての短期滞在のビザ免除プロ
グラム参加国(VWP)の渡航者は、運営費および旅行促進法により定められた14ドル(拒否の場合は4ドル)のESTA(電子渡航認証システム)料金を支払わなければならない。申請は旅行前ならいつでも可能だが、念のため出発72時間前までに申請するとよい。通常一度承認されれば、米国へ複数回の渡航が可能で、ESTA は申請者のパスポートの有効期限、もしくはその他の再申請しなければならない状況が発生するまで最高2 年間有効。すでに ESTA 認証を受けた渡航者は必須項目以外の情報更新の際には ESTA 費用を支払う必要はない。だだし、新しいパスポートを取得したり、ESTA 再申請の場合には、費用の支払いが必要となり、渡航認証申請時にESTA のシステムを通して支払う。ESTA は米国国土安全保障省(DHS)により2009 年1 月12 日から義務化された。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラムの一部で、米国に短期商用・観光目的(90日以下)で旅行するすべてのVWP 渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けなければならない。申請は https://esta.cbp.dhs.gov/esta(日本語ページはこちら)申請者情報、渡航情報などを入力し、クレジットカード、デビットカード、またはペイパルで支払いを済ませる。最後に申請状況が表示され、渡航認証許可が出れば渡米が可能。申請番号と有効期限が表示されるので、印刷して保存しておこう。(空港での提示不要)