中古の楽しみ

アアート、家具、テキスタイル、家の調度品(ドアや暖炉、DIY用の小さなパーツ)、陶器、おもちゃ、本などあらゆるものが、オークションやアンティークフェア、カーブーツ・セールで物色できるのも英国ならではの買い物の楽しみ。掘り出しものを見つけるのが醍醐味です。

アンティーク専門店

専門店からアンティークを購入するときには、まず修理修復状態をチェック。基本的に値切れるので、値札通りにすぐ払わないこともポイント。高額なものは支払い時、必ず日付と品物の状態を記したシートをもらうこと。

値の張るアンティークは、英国アンティーク業者協会(The British Antique Dealersʼ Association www.bada.org)、アート& アンティーク業者協会(The Association of Art & Antiques Dealers www.lapada.org)など信頼できる団体加盟の業者から購入すると安心です。

オークション

オークションは、実際に競売に参加しなくても、下見会(preview)で名品の観賞や会場の臨場感を体験できます。

参加したい場合は、まずオークションの予定(日時や扱われる品)、相場価格などの情報を専門誌やインターネットでチェック。

専門のアイテムだけ(家具、本、切手、自動車など)を扱うオークションハウスもあります。詳しくは雑誌などで情報収集を。

オークションの手数料

競り落とした金額には、10~ 20%の手数料が加算されます。

参加者に渡されるカタログは、実物とイメージが大きく違うことが多いので、実物を見るまでは判断をひかえた方が賢明。

ロンドンのオークションハウス

⚫︎ Bonhams
101 New Bond Street W1S 1SR
www.bonhams.com

⚫︎ Christieʼs London
8 King Street SW1Y 6QT
www.christies.com

⚫︎ Phillips
30 Berkeley Square W1J 6EX
www.phillips.com

⚫︎ Sotheby’s
34-35 New Bond Street W1A 2AA
www.sothebys.com

カーブーツ・セールに店を出す

カーブーツ、つまり自動車のトランクを店台にしたフリーマーケットを、カーブーツ・セールと言う。

一般的に出店料金は「バン」「普通自動車」「自動車なし」などでランクがあり、当日主催者に払い、あとは店を広げてお客を待つだけ。買物客は、マーケットによっては小額の入場料を払う。
売る側にしてみれば「こんなものまで!」と思うものが売れていく面白さもあるが、高い値段が付いたものは見向きもされない。意外な掘り出し物が安く手に入ることもあり、双方がゲーム感覚で楽しめる。引越前の荷物の整理などにも利用価値大。特に地方のカーブーツ・セールは掘り出し物が見つかると定評がある。
開催場所はwww.carbootjunction.comで。