スキンケア

英国の降雨量は日本の半分以下。比較的乾燥していますし、紫外線もけっして弱くはありません。スキンケアに気を付けましょう。

香料

英国の商品は、一般的に香料が強めで、肌荒れの原因にもなりかねません。気になる場合は、無香料のものを選ぶようにしましょう。

敏感・乾燥肌

敏感・乾燥肌の場合、ボディシャンプーなどは石鹸分の含まれないソープ・フリー(soap free)の製品を選ぶとよいでしょう。

入浴

お風呂につかるとき硬水質が気になる場合、バス・ソーク(bath soak)やバス・オイル(bath oil)を加えて水質を和らげるといいでしょう。入浴剤の種類も豊富です。

フットケア

ほとんど1 日中靴を履いていることが多いので、足が疲れるのは誰でも同じ。マッサージオイル、ローション、スクラブ、ソーキング・ソルト、パウダー、スプレーなどフットケア商品が豊富なので、しっかりとお手入れを。

ネイルサロン

ハイストリートを歩けば、必ず見つかるネイルサロン。デパートの一角などにもカウンターがあります。

ビューティーサロン

フェイシャルやボディーマッサージから、ネイル、脱毛、エクステンション、糸を使って顔の毛を抜くスレッディング(糸脱毛)まで、幅広い美容サービスが受けられます。美容院やデパートの一角に併設の場合や、スパや本格的な店舗でトータルケアしてくれる所もあるので、目的に合わせて選びましょう。