営業時間

近年は営業時間もかなり延長されました。また、日曜日にも買い物が楽しめるものの、280 平方メートルを超えるサイズのショップでは6 時間営業と定められており、昼頃から開店し夕方6 時頃に閉まる店が多いようです。

Tesco、Sainsburyʼs などのスーパーマーケットの大型店には、食料品だけでなく、衣料品や生活用品、CD やDVD など、さまざまな商品がそろっており便利です。

Tesco Metro や Tesco ExpressSainsburyʼs Local などは大手スーパーの小型店で、営業時間は 7:00 – 23:00 など、日本でいうコンビニ的な存在です。

洋裁道具やキッチン・バス用品などの生活用品は専門店でも買えますが、John Lewis などのデパートや、Argos などのカタログショッピングの店でも購入できます。

ロンドン中心ショッピングエリア

ニュースエージェント

至る所にあるニュースエージェントと呼ばれる店では、新聞・雑誌、食料品、日用雑貨のほか、たばこやアルコール、オイスター/トラベルカード、宝くじ、郵便業務を扱っているところもあります。営業時間も比較的長時間。

24時間営業

スーパーは小型店でも深夜前に閉まる店がほとんど。24 時間営業は一部ニュースエージェントと、深夜客が見込まれる地域の限られたTesco Metro、Asda など。

24 時間営業のガソリンスタンド(petrol station)には食料品や日用品もあります。深夜は店内へは入れませんが、窓口で欲しいものを伝えて買うことができます。

 

返品のルール

通常は、買った品物が不良品で、使用前であれば返金(refund)を請求できます。もちろん購入直後であること、レシートがあることが望ましいのですが、レシートがなくても請求する権利はあります。すぐに返品できない場合は、その旨、電話かメールで連絡しておきます。通話相手の名前、手紙の控えは取っておきましょう。

不良品のため返金を申し出た際、店側から返金の代わりに、商品券や修理、等価交換を勧められても、納得がいかなければ応じる必要はなく、返金を請求できます。

自分の間違いでサイズや色の違うものを購入してしまった場合も、期限内であればたいていは返金に応じてくれます。

店によってレジ付近に refund policy という、その店の返品ルールが表示されていますので、念のため確認を。レシートに書かれている場合もあります。

セール品でも、ほとんどの店で返品や交換が可能。返品受付の期間や条件が通常と異なる場合があるので確認を。

後の面倒を避けるためにも、日頃から買う前に商品の状態(靴の左右のサイズ、衣類のほころび、傷など)を確かめるよう心掛けましょう。

セール

大々的なセールの時期は、6 月末~ 7 月と12 月のクリスマス明け~ 1 月の年2 回です。

セール品には、前日まで正価だったものが半額になっているものもある反面、セール後に元の価格に戻ることもあります。

 

保証期間の延長

電気製品などの購入時に、延長保証(extended warranty)を付けるかきかれます。通常の保証期間を延長するもので、洗濯機や食洗機にはかけておいたほうが無難、との消費者レポートもあります。もちろん保証期間以降の修理も頼めますが、費用には実費がかかります。