ゴルフ

英国は数々のスポーツの発祥地ですが、ゴルフもそのひとつ。グリーンフィーが手頃なパブリックコースも多いのですが、利用者が多く週末の予約は特に困難です。

英国のプライベートゴルフ場はウェイティング・リストに登録しても、かなり待たなくてはならないようです。しかし、平日はたいていの名門コースでビジターとしてプレーが可能。探せば週末でもビジターがプレーできるコースもあります。

パブリック、プライベートとも、事前に必ずゴルフ場に問い合わせを。コースによっては、メンバー同伴、他のクラブのメンバーであること、ハンディキャップ証明書の提示などをプレーの条件としているところもあります。

ハンディキャップ証明は、英文であれば日本発行のものでもOK。

英国のコースは、1 ラウンドだけでなく、終日(one day)の申し込みもできます。コース途中にトイレや売店はないので、飲み物などは事前に用意しておきましょう。また、プライベートクラブのバーやレストランでは、ジャケットとネクタイの着用を求められることがあります。予約時に確認を。

コース上ではほとんどの場合、自分でバッグを担ぐか、トローリー、カートを利用します。しかし初めてのコースを回るときは、コースの状態を知るためにも、キャディーを頼むとよいかもしれません。

ゴルフ場に関する情報は、アマチュアゴルファーの連盟「イングランド・ゴルフ」www.englandgolf.org、「スコティッシュ・ゴルフ」www.scottishgolf.orgなどへ。

主なゴルフ場ではプロによるレッスンの情報も提供しています。技術向上を目指す人は問い合わせてみましょう。

テニス

tennis
テニスの殿堂ウィンブルドンを擁する英国では、テニスは身近で人気の高いスポーツのひとつ。多くの公園にパブリックコートがあります。

パブリックコートは、空いていればすぐにプレー可能。週末は予約をしたほうが無難でしょう。

パブリックコートには、テニススクールを併設しているところも多くあります。また、アダルト・エデュケーションスクールにもテニスのクラスがあり、ビギナーから上級までレベルも多様。

プライベートのテニスクラブは、費用はかかりますが、屋内コートを有するクラブも多く、全天候型で夜遅くまでプレーできるのが利点。

英国内のテニスクラブやコートの情報は、ローンテニス協会(The Lawn Tennis Association)へ。www.lta.org.uk/playで検索可。

乗馬

乗馬も身近なスポーツ。基本を習えば誰でも楽しめます。ロンドン市内にも、ハイド・パークなどいくつかの乗馬スクールがあり、気軽に体験できます。

ほとんどのスクールでのレッスンは完全予約制。全くの初心者から上級までさまざまなクラスがあり、プライベートレッスン、グループレッスンなども選ぶことができます。

英国乗馬協会(The British Horse Society)は、独自に設けた基準により乗馬スクールを審査しています。ロンドン市内のBHS 認可スクールは20。スクールや馬場、インストラクターを探すなら、www.bhs.org.uk/enjoy-ridingで。

スイミング

スイミングプールは、各自治体のレジャーセンターやスポーツクラブにもあるので、ウェブサイトなどで調べてみましょう。

サイクリング

自転車は通勤など日常の交通手段としても使われます。ただし、基本的に歩道は走れず、自転車専用レーンか車道を走らなくてはいけないので、サイクリング時は要注意。マウンテンバイクやレーシングのクラブ、サーキットなどもあります。

ロンドンのサイクリング用マップは、ロンドン交通局(Transport for London)が発行。www.tfl.gov.uk/forms/12419.aspxから無料でオーダーできます。マップはサイクル・ショップ、ロンドン交通局のビジターセンター(Liverpool Street、Piccadilly Circus、Victoria、Euston、Paddington、Kingʼs Cross各駅)などにも置いてあります。

各地にサイクリングクラブがあり、英国全土(北アイルランドやスコットランドのシェットランド諸島も含む)を網羅するる約2万2,500キロにおよぶNational Cycle Networkのルートが設定されています。ルートの詳細、プランなどはwww.sustrans.org.uk/ncn/map/national-cycle-networkを参照。

モータースポーツ

カート・レースは子供から大人まで、ビギナーからFormula Eクラスまで本格的に挑戦できるエキサイティングなスポーツのひとつ。

Formula 1 の開催されるシルバーストーンでは、レーシングカー体験の本格的なセッションがあります。コースは各種あり、サーキット体験までできます。ただし、指導についていけるだけの英語力が必要。

ダンス

バレエ、サルサ、ジャズダンス、モダンダンス、フラメンコなど、さまざまなダンスも人気。レジャーセンターのクラスをはじめ、各地にスタジオやクラブがあります。

アイススケート

屋内のスケートリンクは各地に点在しますが、冬場のロンドンなどでは仮設屋外リンクがいくつも設置され、気軽にスケートを楽しめます。各地の常設スケートリンク情報は、www.skating-rinks.co.ukで。

ボーリング

ボーリング(tenpin bowl­ing)はレジャーとして楽しむ人も多く、子供のバースデーイベントとしてボーリングパーティーも人気があります。各地の主なボーリング場情報は、www.gotenpin.co.ukwww.tenpin.co.ukなどで。

サーカス

変わったところでは、サーカスのアクロバットや綱渡りといった技能を習得することもできます。お子さんが興味を示したらチャレンジさせてあげてもいいのかもしれません。National Centre for Circus Arts(www.nationalcircus.org.uk

フィッシング

英国は釣りの環境にも恵まれています。ただし、シーズン規制などのルールがあり、所定の手続きが必要です。

イングランド、ウェールズの川釣りには、ライセンス(fishing rod licence)が必要。1 日のみ、または8 日間有効のライセンスがあります。申し込みは郵便局の窓口、またはウェブサイトwww.postoffice.co.uk/rod-fishinglicenceで。

また、釣りをする場所の漁業権を持つ団体や個人からの許可証も必要。地域の釣具屋、B&Bなどから購入します。事前に地元のインフォメーションセンターに問い合わせておきましょう。

スポーツ協会

各スポーツ協会は、地元のクラブ情報、専門用具店など詳しい情報を提供しています。

日系サークル

日本人によるスポーツ・サークルは、ゴルフ、サッカー、テニス、バスケット、バドミントンから剣道や弓道まで多岐にわたるものがあります。www.mixb.netwww.pandorajourney.co.ukなど日系の掲示板をチェックしましょう。