サッカー

824147_85145522 (1)
言うまでもなく、英国で一番人気のスポーツが、サッカー(フットボール)です。このスポーツの持つ影響力の大きさは、まさしく「国民的」レベル。

フットボール・アソシエーション(The Football Association〈FA〉www.thefa.com)は、イングランドのサッカー協会のこと。イングランドにおける主要なプロ・チーム数は92(スコットランド、ウェールズ、北アイルランドはそれぞれ独自のリーグを持つ)。上位20 チームのプレミア・リーグ(Premier League)、チャンピオンシップ・リーグ(Championship League)、リーグ1(League 1)、リーグ2(League 2)の4 つに分かれ、各ディビジョンでリーグ戦が行われます。シーズンは8 ~ 5 月。毎年成績により各ディビジョン上位・下位3 チームの入れ替えがあります。

リーグ戦観戦チケットは、試合日の約3 ~ 8 週間前から発売。チームの予約センター、スタジアム、チケットオフィスなどで買えます。マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーなど、人気チームのチケットは入手が困難ですが、地方チームのチケットは比較的手に入りやすいようです。

年会費を払い、チームのサポートメンバーになるとチケットの優先予約ができ、チケット入手の確率は高くなります。

リーグ戦と平行して、各ディビジョンのチームが混合して競うFA カップやリーグカップ、ワールドカップ級の国際試合を含めたトーナメントが数多く開催されます。これらのチケット入手は、非常に困難ともいわれていますが、チケットエージェントなどを通して早めに手配をすれば手に入ることも。

女性ファンも増加しつつある一方、試合結果や対戦相手などによってはファンが暴徒化することもあるので要注意。大試合の観戦をする際は十分に注意してください。

テニス

英国内の主要なテニストーナメントに関する問い合わせは、ローンテニス協会(The Lawn Tennis Association www.lta.org.uk)へ。

ウィンブルドン選手権の前哨戦といわれるエイゴン選手権(AEGON Championships)は、西ロンドンのクイーンズ・クラブ(The Queenʼs Club www.queensclub.co.uk)で開かれます。

ゴルフ

英国の主要なゴルフトーナメントに関しての問い合わせは、プロゴルファー協会(The Professional Golfersʼ Association www.pga.info)まで。

全英オープン(The Open Championship)の日程と開催地は、およそ5年先まで予定されています。The R&A(www.randa.org)で確認を。

競馬

競馬は、1 年を通してフラットレース(平場)とジャンプレース(障害)が各地で開催されます。問い合わせは、英国競馬統括機構(British Horseracing Authority www.britishhorseracing.com)へ。

ほとんどのレース場へは当日券で入場できます。

2 大フラットレースは、社交界の女性が奇抜な帽子をかぶって集うレディースデーがあることで有名なロイヤル・アスコット(Royal Ascot www.ascot.co.uk)と、エプソム競馬場で開催されるダービー(Derby Day http://epsom.thejockeyclub.co.uk)。チケットは要予約。

障害レースの最高峰は、4 月にリバプール郊外のエインツリー競馬場で行われるグランド・ナショナル(Grand National)。ドラマチックなレースが毎年ファンを魅了します。http://aintree.thejockeyclub.co.uk

競馬場の観戦席は、社交の場「メンバーズ」、パドックにアクセスがある「グランド・スタンド」、ピクニックができる「シルバー・リング」など、エンクロージャーと呼ばれるいくつかの区域に分かれています。掛け方は簡単なので、挑戦してみても。

モータースポーツ

カーマニアの多い英国らしく、各地でカート・レースからクラシックカー・ラリーまでバラエティー豊かなショーやイベントが催されています。レース、イベントの問い合わせは、各サーキット場、またはモータースポーツ協会(Motor Sports Association www.msauk.org)へ。

ラグビー

サッカーに劣らず人気のラグビーは、15人制の「ラグビーユニオン」と13人制の「ラグビーリーグ」があり、ほぼ通年で試合があります。

最大の対抗戦は、毎年2 ~ 3月頃行われるイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、フランス、イタリアの6ヵ国対抗戦(Six Nations Championship www.rbs6nations.com)。会場はラグビーの殿堂、ロンドン南西部のトウィッケナム・スタジアム(Twickenham Stadium www.englandrugby.com/twickenham)をはじめ、6ヵ国それぞれの国で行われます。チケットの問い合わせはRugby Football Union(www.englandrugby.com)へ。

クリケット

1試合が3日にもおよぶクリケット。ルールは難解ですが、夏には欠かせない英国の国技の一つ。各地区対抗のプロゲーム、アマチュアゲーム、テストマッチ(国際ゲーム)があり、シーズンは4~9月。

クリケットの聖地といわれるロンドンのローズ・クリケット競技場(Lordʼs Cricket Ground)での試合のチケット予約は、メリルボーン・クリケット・クラブ(Marylebone Cricket Club www.lords.org)へ。その他の試合の問い合わせはイングランド・アンド・ウェールズ・クリケット委員会(The England and Wales Cricket Board www.ecb.co.uk)へ。

ポロ

王室や貴族のスポーツとして定着しているポロは、馬に乗ってスティックでボールを打ち、ゴールに入れる競技。英国・アイルランドを合わせると、屋外で活動するクラブは約90。ポロ・シーズンは5~9月末。

スヌーカー

ビリヤードとはルールも道具も違うスヌーカーも、ファンの多いスポーツ。基本的に赤玉と色玉を交互に落として得点を競います。微妙な駆け引き、見事なショット、張りつめる緊張感に見応えが。世界大会の問い合わせは、ワールド・スヌーカー(World Snooker www.worldsnooker.com)へ。

ロンドン・マラソン

毎年4 月に開催されるロンドン・マラソンは、1981 年の第一回大会以来、ロンドンの春の風物詩となっている。
世界のトップランナーが高額賞金を競う真剣なレースであると同時に、車椅子、一般ランナーが参加できる市民のためのスポーツの祭典で、グリニッジ・パークからバッキンガム宮殿近くのザ・マルまでの42.195Kmのコース。思い思いのコスチュームに身を包み、寄付金を募るために走る参加者も多く、チャリティーイベントとしての側面を持つ。2018年は4月22日に開催。
www.virginmoneylondonmarathon.com

ウィンブルドンテニス

6~7月に開催されるウィンブルドン選手権の準々決勝以上のセンター・コート、第1・第2・第3コートのチケットは、郵送での申し込みが必要。まずwimbledon.com/registerで登録後、The All England Lawn Tennis Club(AELTC, PO Box 98, London SW19 5AE www.wimbledon.com)に切手付返信用封筒を同封して申込書(Ticket Application Form)を前年9月1日から12月15日の間に請求、送られてきた申込書を12月31日(当日消印有効)までに返送。当選者だけにチケットが販売される。その他のチケットは当日購入できるが、人気選手の試合は並ぶ覚悟がないとなかなか手に入らない。

2018年開催の主なスポーツイベント

2月 3日~3月17日 Six Nations Championship(ラグビー/各国)
3月 24日 Oxford Cambridge Boat Race(ボート/ロンドン南東部郊外)
4月 7日 Grand National Day(競馬/リバプール)
7日 Grand National Day(競馬)
21日~5月7日 World Snooker Championship(スヌーカー/シェフィールド)
22日 London Marathon(マラソン/ロンドン)
5月 19日 FA Cup Final(サッカー/ロンドン)
6月 2日 Derby Day(競馬/エプソム)
19~23日 Royal Ascot(競馬/アスコット)
7月 2~15日 Wimbledon Tennis Championships(テニス/ロンドン)
4~8日 Henley Royal Regatta(ボート/ヘンリー・オン・テムズ)
6~8日 British Grand Prix(F1/シルバーストーン)
15~22日 The Open Golf Championship(ゴルフ/カーヌスティ)
8月 2~12日 European Championships(マルチ・スポーツ/グラスゴー他)
11/12日 Premier League開始(サッカー/英国各地)
9月 8日 Great River Race(ボート/ロンドン)