契約

英国にはインターネット・プロバイダーが数多くあり、そのうちのほとんどが電話とインターネットのサービスをセット販売しています。またTVや携帯電話サービスを合わせたパッケージサービスを行う事業者も多く見られます。

ブロードバンド(ADSL)

英国ではブロードバンドのネットワーク整備が日本に比べて遅れているため、「回線が開通するまで時間がかかる」、「うまくインターネットに接続できない」、「期待していた速度が出ない」などの不満もあるようですが、昨今では光回線の導入が進み高速化されてきています。料金はインターネット速度やダウンロード使用量によってさまざまです。

ブロードバンドの場合は契約期間として、12ヵ月または18ヵ月契約を求められる場合がほとんどです。上記のようなトラブルがあっても、契約期間中は解約できないケースがありますので、プロバイダーは慎重に選びましょう。

インターネットでTVを見る

一部のTV局では、インターネットにてTV番組のオンデマンド放送を行っています。観たいときに観られる利便性はありますが、ご契約のダウン ロード使用量に合わせた視聴をお勧めします。

モバイルブロードバンド

モバイルブロードバンドは、携帯電話会社が提供するブロードバンドサービスです。利用にあたり、USBモデム(HSDPA対応接続機器)をパソコンに取り付け、簡単なセットアップをするだけで、自宅やオフィス、屋外、英国外からもインターネットが利用できます。BT電話回線は不要です。

申し込みは、携帯電話の販売店や各社のショップ、オンラインで行います。支払方法は、携帯電話サービスと同様、月額制(monthly)と、プリペイド 式(Pay as you go)があり、プランも使用方法に合わせて選択できます。月額制の基本料金は£10〜26とさまざまで、機種や毎月追加料金なしで使えるデータ通信量(1〜32GB/月)や接続速度(7.2〜60MB)により料金が設定されています。契約期間は1・12・24ヵ月が基本。

携帯電話サービスと同様に、ネットワークの電波が届かない場所では使用できません。また、英国外から利用する場合、高額なデータ通信料金を別途請求するプロバイダーもあるので、事前にチェックしておきましょう。

LAN(WiFi)

無料のWiFiホットスポットも多く、WiFi対応端末からのインターネット接続が可能です。有料の場合は、ホットスポットで直接支払い手続きをして接続できます。

ロンドンの地下鉄でWiFiが使えるサービスを、Virgin Mediaが開始。250駅(チケット売り場、通路、プラットフォーム)で利用可能で、現在も拡大中。 「WiFi Zone」というマークがあれば利用できます。利用はVirgin Media、EE、Vodafone、O2、3(Three)サービスの加入者であれば無料でWiFiサービスが使用できます。これらのサービスに加入していない場合は、Virgin MediaのWiFi Passを購入(https://wifipass.virginmedia.com)することで利用可能になります。