契約

英国にはBT、Sky、TalkTalk、Plusnet、Virgin Media、EE、O2などインターネット・プロバイダーが数多くあり、そのうちのほとんどが固定電話や携帯電話とインターネットのサービスをセット販売しています。またTVや携帯電話サービスを合わせたパッケージサービスを行う事業者も多く見られます。

ブロードバンド(ADSL)

英国ではブロードバンドのネットワーク整備が日本に比べて遅れているため、「回線が開通するまで時間がかかる」、「うまくインターネットに接続できない」、「期待していた速度が出ない」などの不満もありましたが、昨今では光回線の導入が進み高速化されてきています。料金はインターネット速度やダウンロード使用量によってさまざまです。

契約期間は12ヵ月または18ヵ月を求められる場合がほとんどです。トラブルがあっても、契約期間中は解約できないケースがありますので、プロバイダーは慎重に選びましょう。

インターネットでTVを見る

一部のTV局では、インターネットでTV番組のオンデマンド放送を行っています。コンピュータのダウンロード許容量によっては視聴に問題をきたす場合があるので、それぞれのIT環境に適したパッケージを申し込みましょう。

モバイルブロードバンド

モバイルブロードバンドは、携帯電話会社が提供するブロードバンドサー ビスです。テザリングで接続できるほか、USBモデムをパソコンに取り付ける方法、モバイルWiFiルーターやPDA端末を利用する方法などがあり、BT電話回線を使わずにインターネットを利用することができます。

申し込みは、携帯電話の販売店や携帯電話会社のショップ、オンラインで行います。支払方法は、携帯電話サービスと同様、月額制(monthly)と、プリペイド式(pay as you go)があり、プランも使用方法に合わせて選択できます。月額制の基本料金の目安は£10~40とさまざま。機種や料金に含まれるデータ通信量(2~40GB/月)、接続速度(15~60MB)により料金が設定されています。契約期間は1・12・24ヵ月が基本。

携帯電話サービスと同様に、ネットワークの電波が届かない場所では使用できません。また、EU外から利用する場合、高額なデータ通信料金を別途請求するプロバイダーもあるので、事前にチェックしておきましょう。

LAN(WiFi)

無料のWiFiホットスポットも多く、WiFi対応端末からのインターネット接続が可能です。有料の場合は、ホットスポットで直接支払い手続きをして接続できます。

ロンドンの260以上の地下鉄駅(チケット売り場、通路、プラットフォーム)やOvergroundの79駅、ヴィクトリア・コーチ・ステーションなどでもWiFiが利用できます。利用可能かどうかは「WiFi Zone」のマークが目印。