チャイルド・ベネフィット

児童手当(child benefit)のこと。基本的には英国在留者(resident)に支払われるもので、永住権を獲得した時点で申請する資格が得られます。

育児中の人なら、誰でも申請して受け取れる給付金で、第1子に対して週£20.70、2子目以降は子供一人に付き週£13.70が支給されます。www.gov.uk/child-benefit

給付対象者

対象は15歳以下の子供を持つ全ての親。子供が16~19歳でも、Aレベルやインターナショナル・バカロレアなどの高校教育課程の学生か、National Vocational Qualifications(NVQs)などの認定職業訓練プログラムを受講中であれば、対象となります。詳細は、www.gov.uk/child-benefit-16-19で確認を。ただし、年間収入額が5万ポンドを超える高額所得者には、High Income Child Benefit Chargeと呼ばれる課税額を支払う義務が課せられるので、収入額によって児童手当を申請すべきかどうか判断しましょう。詳しくはwww.gov.uk/child-benefit-tax-chargeで。

手続きの仕方

① 子供が生まれたら、以下のようにして申請書を取り寄せます。
英国政府サイトからダウンロードwww.gov.uk/child-benefit/how-to-claim英国で出産すると、通常、出産後のケアパックとともに申請書が渡されます。
② 申請書に、国民保険番号(National Insurance Number)や銀行口座の詳細など必要事項を記入し、出産証明書(birth certificate)とともにチャイルド・ベネフィット・オフィスに郵送します。

保護者の責任

英国では保護者の監督について、法律で義務範囲が定められている。小学校高学年以下の子供の登下校時には保護者の同伴が必要、12歳未満の子供のみの留守番は一般的ではない。車に子供だけを残すこともできない。