義務教育

英国の義務教育は5~16歳で、1年生はYear 1(Y1)と呼ばれます。イングランドとウェールズの公立校では4歳からのレセプション(Reception)とYear 1~6の7年間が小学校(primary school)、Year 7~11の5年間が中学校(secondary school)です。スコットランドでは、1年生はPrimary 1(P1)と呼れ、P1 ~ 7の7年間が小学校、その後Secondary 1(S1)で始まるS1~4の4年間が中学校です。その後、大学に進むことを考えている生徒は、2年間のsixth formに進みます。

1年間の学期

1年は、9月からの秋学期(autumn term)、1月からの春学期(spring term)、4月からの夏学期(summer term)の3学期に分かれます。各学期の半ばにハーフ・ターム(half term)と呼ばれる1週間ほどの休みがあります。

初等教育

Year 1の前にレセプション(reception)という学年があり、このレセプションから小学校(primary school/infant school)が始まります。小学校には5歳になる学年の9月から入学し、公立校の申し込みは前年の9月から1月中旬にかけてオンラインで申し込みます。公立校の入学許可は、特別な枠でない限り住所で決まり、学校から自宅までの直線距離で判断されます。

中等教育

小学校を卒業すると、公立校だからといって自動的に入学先の中学校(secondary school)が決まるわけではなく、Year 6の10月末までに居住地域の自治体に進学希望校の申し込みをすることが必要です。ただし、定員を超える応募があった場合には、学校の近くに住む生徒が優先されるため、簡単に希望校に入れるわけではありません。また英国国教会系やカトリック系の公立校では、それぞれの教会に所属していることを入学の条件としているところも多いので、宗教系の学校への入学を希望する場合は、事前に入学条件を確認しておきましょう。グラマースクールへの入学を希望する場合には、Year 5の6月からYear 6の1月にかけて行われる入学試験に合格する必要があります。グラマースクールには、GCSEやAレベルなどの成績のよい学校が多く、また費用も無料であるため人気が高く、入学試験の倍率は10倍ほどになる場合もあります。

私立校

公立校の1クラスの生徒数が約30人であるのに対し、私立校は13~14名程度のところが多く、教師の目も届きやすいといえます。ただし、学費は1 学期(term)5,000ポンド前後で、年間では1~2万ポンドにもなります。またインターナショナルスクールやアメリカンスクールは、英語のサポート体制が充実しているなど、日本人には魅力的ですが、学費が年間2万ポンド以上になるところもあります。

統一テスト

公立の義務教育期間中Year 2とYear 6にSATs(Standard Assessment Tests)という全国統一テストが実施されます。Year 6の結果は、各学校別の平均点が公表されます。

イングランドとウェールズの私立、公立校ではYear 11終了前の学期末(5~6月)に、全国統一中等教育修了試験(GCSE)が実施されます。この試験の評価は、試験結果と過去2年間の成績が考慮されます。一定の基準に達していれば、大学進学のための勉強をするsixth formに進むことができます。結果は、8月半ば過ぎに各自に通知されます。

英国の学校教育に関する全般情報

Schools and Education
www.gov.uk/browse/childcare-parenting/schools-education

統一試験GCSEとA Level

私立、公立の生徒とも中等教育終了前に受けるのが、全国統一試験GCSE(General Certificate of Secondary Education/全国統一中等教育修了試験)。この試験結果が一定の基準に達していれば、大学進学のためのsixth formに進学できる。GCSEの評価は従来A*〜Gの8段階だったが、2017年の試験から英語、英文学、数学の3科目が数字の9〜1の9段階に変更された。その他の科目は、2018〜19年の試験で順次新しい評価点に移行される。なお、評価不能のU(unclassified)はそのまま。
大学進学のためには、A Level(General Certificate of Education <GCE> Advanced Level)が必要。Aレベルの評価はA*〜Eの6段階と評価不能(不合格)のU。Aレベルは高等教育終了試験ではなく、それぞれの科目に与えられる「レベル」で、その結果が大学入学選考時の判断材料となる。