早めの準備

赴任前から、帰国後の学校選びをどうすればいいか、情報を得ておくことをお勧めします。帰国後の学校の選び方により、英国での生活の仕方が変わってしまうからです。帰国生の受け入れ校については、右記の情報誌が参考になります。

小中高校編入

公立小中学校では随時生徒を受け入れています。公立小中学校に編入を希望する際は各地域の教育委員会に相談の上、学校訪問をし、校長または教頭との面談を申し出るとよいでしょう。私立小学校の場合は、欠員のあるところが少なく、編入試験を実施しても倍率が高い場合もあります。私立中学校では、随時編入試験を行うところもありますが、多くの学校は、7〜8月または1〜2月に試験を実施しています。高校への編入の際は、公立・私立ともに編入試験を実施し、その時期は、主に7〜8月または1〜2月です。なお、高校2年生の夏以降に受け入れてくれる学校はほとんどありません。

中学・高校受験

一般入試を受ける海外生は少なく、多くは帰国生受け入れ校を受験しています。帰国生受け入れ校については、前述の情報誌を参考に、また受験までの準備や学校選びについては、塾に相談するとよいでしょう。

大学受験

帰国枠を設けている多くの大学では、願書提出に合わせAレベル、IBディプロマ、SAT、TOEFLなどの統一試験結果の提出が求められます。入試の際は、文系では英語、国語、小論文、理系では数学、理科、小論文を課するところが多くなっています。小論文は日本語で書かせる大学がほとんどですから、普段から確かな日本語力を身につけておくことが大切です。