日系学校

英国内には、全日制日本人小・中学校、日系私立校(小中高)、日系幼稚園があり、日本と同様の教育課程を受けることができます。

ロンドン日本人学校は、全日制日本人小・中学校。日本の義務教育期間の生徒を受け入れ、教師は文部科学省から派遣されています。

日系私立校には、全寮制の英国立教学院(小5〜高3)と、寮か通学のどちらかを選べる帝京ロンドン学園高等部(高1〜3)があります。

現地の公立校

日本の幼稚園に当たるナーサリースクール(nursery school)と小学校付属のナーサリー(nursery)、高校に当たるシックスフォーム(sixth form)は通常、学校に直接連絡して入学を申し込みますが、小・中学校への編入(in-year admission)を希望する場合は、住居を構える地域の自治体(カウンシル/council)で編入申込書を入手して、希望校名を3校記入して提出します。申込書は各自治体のサイトからダウンロードでき、サイトから直接申込可能なところもあります。なお、申し込みは、入学希望のお子さんが渡英後で住所が確定していないとできませんので、ご注意を。

編入学の申込書提出後、希望校に空きがあれば、通学可能校について連絡があります。空きがない場合は少し待たされますが、別の学校に割り当てられます。通常はその学校に通いながら、入学希望校のウェイティングリスト(waiting list/欠員待ちの補欠名簿)に載せてもらいます。なお、必ずしも希望校に入れるとは限りませんが、編入時期は、新学期の初めに限らず、いつでも可能です。

公立の中学校(secondary school)でも、編入の際に試験を行うところがあります。

グラマースクール(grammar school)と呼ばれる選抜制進学校の公立中学校への入学を希望する場合には、日本での中学入試のような試験に合格しなければなりません。

英系私立校

英系私立校では、空きがあれば随時受け入れを行っています。編入の際は、英語、数学、バーバル・リーズニング(verbal reasoning/言語推論)などのテストがありますが、面接のみのところもあります。

英国での中学1年生に相当する7年生(Year 7、日本では小6)に入学を希望する場合には、一般生同様の入学試験を受けなくてはならないところがほとんどです。ただし、入学試験では受け入れられなくても途中で欠員が出た場合に受け入れてくれる学校もあります。

外国人の場合、英語の能力次第で実年齢より低学年に編入させられることがありますが、子供の様子を見て進級させてくれます。

アメリカンスクール、インターナショナルスクール

アメリカンスクールまたはインターナショナルスクールには、英語の補習授業体制が整っているところが多く、英語圏にはじめて来た子供でも比較的早く学校に溶け込むことができます。なお、アメリカンスクールやインターナショナルスクールへの入学を希望する生徒は多いため、ウェイティングリストに載ってから入学まで半年以上かかる場合もあります。

アメリカンスクールには、SAT(Scholastic Assessment Test)、AP(Advanced Placement Pro­gram)の他、インターナショナル・バカロレア(Interna­tional Bacclaureate)を採用している学校があります。インターナショナルスクールでは、インターナショナル・バカロレアの教育方針に基づいた教育を行っています。

情報入手

学校に直接連絡をし、学校訪問をすることが大切ですが、事前に日本人による専門家のアドバイスを受けるとよいでしょう。