家族向け住宅

借りる家のタイプによって探し方は変わってきます。家族向け住まいを探すなら、不動産会社(lettings agent)を通すのがよいでしょう。

学生・一人暮らし

ワンルーム、フラット(アパート)シェアならば、ウェブサイトが便利。特に日本人向け広告掲示板サイトMixB(www.mixb.net)、PANDORA(www.pandorajourney.co.uk)は情報が豊富。また、日系不動産会社には、フラットシェアやベッドシット(bedsit:専用台所付きの部屋で、トイレと浴室はシェア)を専門に取り扱っている会社もあります。

不動産会社

不動産会社を利用する場合、まず住みたいエリアを絞り、その地域を扱う不動産会社に連絡。希望条件によって、賃貸物件リスト(letting list)を出してくれます。信頼できる家主や不動産会社を見極めることが大事。

日系不動産会社は、日本人向けのエリア・物件を多く扱っており、契約などのサポート面からも心強いでしょう。

提示事項

家探しの際は、家のタイプ(フラット、テラスド・ハウス、一軒家など)、広さ(部屋数)、駐車場の有無、居住期間、家賃や支払い方法(個人、法人)、入居時期の希望を伝えます。

興味のある物件情報を得たら、アポイントをとって必ず下見を。好物件は競争も激しいので、迅速にオファーを出すことが大事です。

家具付き/家具なし

賃貸物件には、家具付き(ファーニッシュドfurnished)と、家具なし(アンファーニッシュドunfurnished)の2種類があります。前者は、クローゼット、ベッド、ソファー、電化製品や食器などが付いていて、すぐに生活をはじめられる物件。後者は部屋のみで、通常カーテンなどもありません。しかし家主によって条件はさまざまなので、事前によく確認すること。

入居の際

インベントリーチェック(inventory check)とは、専門家立ち会いのもと、入居時に住居、備品(お皿1枚まで)や家具、庭の状態を、テナントと家主の間で確認すること。退去時にも行われます。なお、インベントリーの費用は家主とテナントが半分ずつ支払います。

契約書は、完全に理解・納得できるまでチェックし、大切に保管しておくとよいでしょう。

リファレンス

契約時に、勤務先や銀行、前家主からのリファレンス(推薦状。初契約時は会社の保証など)が必要な場合があります。英国内で引越す際には退去時に家主からのリファレンスをもらっておくとよいでしょう。

退去時

退去時には、専門業者によるカーテンやカーペットのクリーニングを要求される場合もあります。契約内容を確認しましょう。

入居時と同じ状態が理想。インベントリーチェックを受けます。備品が壊れている場合などは弁償金が発生するので注意。不要品は引き取ってもらえるか相談しましょう。

住まいを賃貸する際に適用されるRight to Rentの法令とは?

賃貸物件を借りる者は、イギリスに合法的に滞在する(賃貸物件を借りる)権利を持つことを証明することが義務化された。本人照合のため、パスポートやバイオメトリック・カード、英国内務省移民局からの書類など証明できるものを持参して、大家や不動産屋の元に本人が直接出向く必要がある。また、証明書類のコピーは一定期間保管され、賃貸期間中にビザが失効する場合には、新しい滞在許可書の再チェックが行われる。

英国の家の種類

英国の家は、大きく分けてハウスとフラットの2種類に分けられます。また建てられた年代によって、外観のデザインや内装も異なります。自分のライフスタイル、好みに合った家を探すために、以下のような種類の家があることを知っておくと便利です。

ハウス Houses
● Detached House
デタッチド・ハウス。一戸建ての独立した一軒家。ロンドン中心部では希少だが、ロンドン郊外の高級住宅地などで見られる。広々としたフロントガーデン、バックガーデンがある。
● Purpose-built Flat
パーパス・ビルト・フラット。日本でいうマンションのような近代的集合住宅。最初から、何軒かの住宅ユニットを同じ建物に収容できるように建てられた建物。管理人が常駐している場合もある。
● Semi-detached House
セミ・デタッチド・ハウス。大きな一軒家を半分に分けたような家。左右対称の外観で、2軒で一戸を形成しているが、二世帯で玄関はふたつ。ロンドン郊外に多い。
● Terraced House(Townhouse)
テラスド・ハウス(タウンハウス)。道に沿って何軒も繋がっている英国版の長屋。同じ高さ、同じ窓や玄関を持つ家が文字通り軒を連ねる。特に1960年以降に建てられた2階建てか3階建ての新築のものは、Townhouseと呼ばれている。1階にガレージ付きの家もある。

フラット Flats
● Purpose-built Flat
パーパス・ビルト・フラット。日本でいうマンションのような近代的集合住宅。最初から、何軒かの住宅ユニットを同じ建物に収容できるように建てられた建物。管理人が常駐している場合もある。
● Semi-detached House
セミ・デタッチド・ハウス。大きな一軒家を半分に分けたような家。左右対称の外観で、2軒で一戸を形成しているが、二世帯で玄関はふたつ。ロンドン郊外に多い。
● Conversion Flat
コンバージョン・フラット。もともとは17〜18世紀のジョージ王朝時代やヴィクトリア王朝時代に建てられた大家族用の家を、現代の家族形態に合わせて世帯ごとに区切り、いくつかのフラットに改築したもの。