生活に必要なのはまず「お金」。英国の銀行口座開設が必要です。

口座の種類

一般的には、当座預金口座(current account)を開きます。ゼロ/低利子ですが、小切手、キャッシュカードを利用できるのはこの口座。貯蓄口座(savings account)は、利子が高めの預金口座です。

非課税貯金

貯蓄口座にはさまざまなものがありますが、特に個人貯蓄口座(NISAニーサ:New Individual Savings Account)は人気のある金融サービス。利子所得、運用益が非課税になる貯蓄・運用口座で、毎税年度、上限金額まで積み立てることができ、非課税で運用資産が複利で増えていきます。

口座を開く

口座は住居や勤務先の最寄りの支店で開きます。開設時には、申込書のほかにパスポートなどの身分証明書、住所の証明、場合によっては他口座の残高証明が必要です。口座開設を申し込んだ時点では、預金の必要はありません。なお、本人である証明が後日必要な時の確認事項として、母親の旧姓(mother’s maiden name)を聞かれることもあります。

申し込み当日に口座は開設されません。申し込み後、土日祝日を除くおよそ5日間ほどで口座が開設され、その後、カードと小切手帳などが送られてきます。小切手帳が必要な場合は、口座開設時に確認して依頼するといいでしょう。キャッシュカードと暗証番号は、別々に送られてきますが、その日数差はあまりありませんので、どちらかが届かない場合は念のために銀行に問い合わせてみましょう。また、カードは郵送せず、本人が銀行に取りに行くシステムの銀行もあります。その場合は、身分証明証を忘れずに。

駐在員の配偶者であり、住所の証明がない場合は、水道や電気などの公共料金の請求書を夫婦ふたりの名義宛にしてもらうこともできます。また、カウンシル・タックス(council tax)の請求書も同様。

ステートメント

ほとんどの銀行では通帳を発行しません。口座履歴/残高報告書(statement) が定期的に(1ヵ月に1回)送られてきますので、保管しておきましょう。現在の残高を知りたいときは、カードを使ってキャッシュマシン(ATM)で調べるか、インターネットバンキングの登録をすればサイト上で確認できます。

入金

自分宛の小切手、現金を入金するときは、入金伝票であるpaying-in slip(送られてくる入金伝票帳や小切手帳の後ろにも付いているほか、銀行にも常備)に必要事項を記入し、窓口へ。紙幣と小切手は、行内の現金自動預け払い機(ATM)でも入金手続きができます。なお、口座のない支店でも、ATMでの自動入金が可能なところもあります。

ATM

現金自動支払機(cash machine)は24時間使え、提携銀行間であれば、引き出し手数料はかかりません。ただし、銀行以外の場所に設置されたキャッシュマシンでは手数料がかかる場合があるので、画面で確認しましょう。

暗証番号

カードの暗証番号は、あらかじめ銀行が決めてきますが、その後は随時キャッシュマシンで番号の変更ができます。

銀行内には、入金専用機や、過去1ヵ月分ほどのステートメントの印刷ができるマシンもあります。また、銀行の営業時間外にカードで入口のロックを解除して建物内のキャッシュマシンを利用できる銀行もあります。

デビット・カード

Visa、Maestro、Deltaなどのマークがあるカードが、クレジットカード同様に暗証番号で支払いができるデビットカード(debit card)。オンラインショッピングなどの支払いにも使えます。決済は取引同日か数日後。控えのレシートは保管しておきましょう。

自動引き落とし

公共料金や通信販売などの口座自動引き落としは、ダイレクト・デビット(Direct Debit、DD)。ダイレクト・デビット申し込みの手続きは、支払先から発行される用紙に記入後、支払先または銀行に提出します。

コンタクトレス・ペイメント

暗証番号入力不要のコンタクトレス・ペイメント(contactless payment)。デビットカードやクレジットカードに左のようなマークがついていれば、買い物や外食の際に、専用読み取り機にカードをかざすだけで支払いが可能。一回の使用可能金額は£30以下。ロンドンの地下鉄やバスなどの交通機関では、オイスターカードの代わりに使用できます。

自動引き落とし

公共料金や通信販売などの口座自動引き落としは、ダイレクト・デビット(Direct Debit、DD)。ダイレクト・デビット申し込みの手続きは、支払先から発行される用紙に記入後、支払先または銀行に提出します。

自動振替

家賃など、定額の自動引き落としや自動振替は、スタンディング・オーダー(standing order)といいます。

DDのキャンセル

ダイレクト・デビット、スタンディング・オーダーを中止したいときは、チェックブックの最後についているスリップで中止の通知をするか、銀行に文書・電話などで直接連絡をします。オンライン上での中止も可。

書類の発行

残高証明などの書類、ステートメントの臨時発行/再発行などはその日のうちにはできず、有料です。必要があるときは早めに用意を。

インターネットバンキング

利用には、まずご自分の銀行のインターネットバンキングに登録することが必要です。銀行のウェブサイトから、Internet Banking、Online Banking、Register Online、Sign Up Now、Personal Registrationといったページを探し、個人情報、口座番号、パスワード(本人が決定)などの詳細を入力しま す。通常24時間以内に電子メールにてインターネットバンキング登録確認メールが送られてきます。

口座解約

取引支店の変更は比較的簡単にできますが、口座の解約には手数料がかかることがあります。

ペイオフ

英国にも預金者保護システム(ペイオフ)があります。銀行が破綻した 場合、英国金融監督庁の保証スキームによって、預金額の£75,000までは100%が補填されます(2016年10月現在)。しかし、提携している複数の銀行にそれぞれ口座があり、2つかそれ以上の銀行が破綻した場合は、ひとつの銀行の口座のみが保証の対象となります。