歯科医療

NHSには歯の治療も含まれていますが、ほとんどの治療は無料範囲から外れており、患者は治療費を自己負担しなければなりません。

歯科の専門分野には以下のようなものがあります:

  • 小児歯科= children’s dentistry
  • 歯周病治療= gums/periodontics
  • 口腔外科= oral surgery
  • 抜歯= extractions
  • 歯科矯正= tooth straightening/orthodontics
  • 歯根治療= root canal treatment
  • 根管治療、歯根治療= endodontic treatment
  • インプラント/義歯= implants/prosthodontics
  • インレー、クラウン、ブリッジ= inlay/crown/bridge

歯科の受診には予約・登録が必要。プライベートでは治療前段階として、初診料が別途請求されることが多いです。

英国の歯科治療

英国と日本での歯科治療の一番の違いは、予防治療です。この国では、虫歯 予防に定期検診やクリーニングを行い、特に子供にはフッ素塗布治療、シーラント治療(生えてきたばかりの奥歯永久歯の溝に透明な液を塗る治療)をして虫歯にさせない、成人の場合は歯石除去を定期的にして歯槽膿漏の防止をしています。日本の場合は予防治療が保険外になるため、虫歯になってから歯科医院に行くというケースが大半の状況です。早期検診を行い虫歯の初期に治療すれば、後期の虫歯で必要になる抜髄根管治療やクラウン治療などの高額な治療が不要になります。定期検診を習慣化するとよいでしょう。

第二の違いは歯並びに関しての観念。日本では歯が多少ガタガタでも、そのままがよいと考えます。しかし歯並びが悪いと美容だけでなく、健康上にも良くないこと。不正歯列による偏頭痛、肩こり、顎関節問題、特に子供の集中力不足などは、歯科矯正で解決できることがあります。

第三の違いは口元の見かけ。こちらでは、やはり真っ白い歯での笑顔が望まれます。ホワイトニングは、最新の材質を使用すれば、歯を白くすると同時に、歯のエナメル質を強くする効果もあるようです。

英国の歯医者はすぐ抜歯するという話を耳にすることがありますが、必ずしもそうではありません。特にプライベートのクリニックでは、ひどい虫歯でも根管治療をして修復し、極力歯を残す保存治療を行うのが一般的です。

抜歯となった場合でも、最近ではインプラントができます。しかし、治療を決める前に十分な説明を受けましょう。

視力矯正

英国でメガネやコンタクトレンズを購入する際には、眼鏡店(optician)で検眼士(optometrist)が行う検眼(eye test)を受けないと作れません。視力に問題を感じたときは眼鏡店へ。

無料検眼

検眼は通常有料となりますが、以下の対象者にはNHS扱いで無料検眼が可能です。
・16歳以下、あるいは60歳以上
・16歳、17歳、18歳で全日制の学校通学者(学校名記入義務あり)
・白内障、糖尿病で病院に通院している人
・視覚障害で居住地域に登録をしている人
・緑内障の疑いがあり、病院で治療中の人
・40歳以上で、両親、兄弟、姉妹が緑内障を患っている人
・すでに他の場所にて眼鏡が必要だといわれている人
・所得補助受給者
などで、GP登録をしていること、及びそれぞれを証明する書類を提示する義務があります。

NHSの補助金

度数によりメガネを作る際NHSから補助金が出る場合があります。

処方箋の有効期限は2年間とされている。ただし、個人差もあるので、メガネなどを作る場合は、早めに作った方が無難。

視力検査の結果の処方箋(prescription)があれば、どこの眼鏡店でもメガネやコンタクトレンスズが作れます。

コンタクトレンズを作る場合は、カーブ、度数などを診るフィッティングという検査(有料)も必要となります。

レター

英国の眼鏡店では、検眼で目の病気が見つかった場合には、目の専門病院への手紙(reference letter)を作成するなど医療的なサービスも行う。

(*この頁の協力:Paris Miki www.parismikiuk.com