救急外来

NHS病院の救急外来(A&E)へ直接行くとその日のうちに診てもらえます。ただし、当直医や看護師が緊急度に応じて診察の順番を決めるので、長く待たされることもあります。症状の説明は、専門医の手配、診察順にも影響しますので、的確に伝えられるように最大限の努力をしてください。

救急車

999をダイヤルして救急車を呼ぶ。999は救急車の他、警察、消防、救助などがあるので、必ず「Ambulance, please!(救急車をお願いします!)」と伝えます。患者のいる場所と症状、例えば痛(chest pain)、痙れん(convulsion)、心停止(cardiac arrest)など、落ちついてはっきりと正確に伝えること。病院では、症状で判断されるので、救急車で運ばれても優先的に診察されるわけではありません。

費用

救急医療の初期治療は、NHS国営医療サービスの範囲内です。GPでの継続治療には薬の処方料の支払い義務があります。途中からプライベート医療に切り替えることも可能です。

救急時に備えて、持病のある人はあらかじめ英文の診断書を用意しておくとよいでしょう。また、自分に関係のありそうな医療単語は控えておくと、いざというときに便利です。

救急時に必要な情報

氏名、年齢、生年月日、家族名、自宅住所、連絡先電話番号、GPの名前と住所、常用薬、アレルギーや既存症(chronic disease)、職業、勤務先、NI(National Insurance)ナンバー、保険会社名および保険番号など。慌てると簡単なことも出てこなくなるので紙に書いておくといいでしょう。