NHS制度

images

NHS(National Health Service)とは、1948年より実施されている国営医療制度で、病気・事故の場合の検査や治療、救急治療、出産、子供の予防接種、歯科治療の一部に適用される無料医療サービス。

NHSの医療システムでは、居住地域のGP(general practitioner)と呼ばれる一般医に登録することが第一歩。通常の診療、専門医(specialist /consultant)への紹介はすべてGPが行い、個人が直接病院の内科や外科などの専門医にかかることはできません。歯科と緊急以外はどんな症状でも、まず登録したGPで診察を受ける必要があります。

外国人の場合、滞在ステータスにより登録条件が異なりますので、まずは近くのGPに問い合わせてみましょう。

加入手続き

NHS国営医療サービスを受けるための手続き

  1. GPの選択:
    居住地区の郵便局、図書館、市民相談所(Citizens Advice Bureau)、NHSの各サイトに登録可能地域のドクターのリストがあります。また、Find GP Service(www.nhs.uk/Service-Search/GP/LocationSearch/4)でご自宅のpostcodeを入力して検索すると、近所にあるGPの詳細がすぐに分かります。
  2. GPへ登録:
    希望のGPに登録が可能か問い合わせ、登録届(Family doctor services registration)を提出します。登録届は各GPでもらえる他、下記のNHSサイトからもダウンロードできます。
  3. メディカルカード:
    後日、NHSより担当医の名が記されたメディカルカードが送付されるので大切に保管しましょう。診療時に携帯する必要はありませんが、GPを変えるときにはこのカードが必要です。

診察を受ける

受診の際には通常、予約が必要です。症状や受診目的によっては数日以内の予約ができない場合もあります。オンライン予約ができたり、当日の電話予約を受け付けているGPもあるので、登録時に確認しておきましょう。

GPの利点

GP制度では、診療料(処方箋は実費)や検査料が無料な上、指名をすれば一人の医師に健康状態を継続的に把握してもらえる利点があります。

処方箋

薬代は、種類にかかわらず一種類につき£8.80(England)かかります。(地域により若干異なります。)

診療・治療待ち

GPに受診を申し込んでも、診察まで一週間以上待つこともあります。また、専門医への紹介後も、実際に治療や手術を受けるまで長い待ち期間があることを覚悟しておきましょう。

GPの変更

引越や医師への不満などの理由で、GPを変更したいときは、上記の要領でGPを探し、登録可能か確かめ、メディカルカードを持って新しいGPへ行きます。診察の必要がなければ予約は不要です。

専門医

専門医にかかったり、病院で精密検査を受けるためには、必ずGPからの紹介状が必要です。

キャンセル

無断キャンセルは他の患者さんやドクターの迷惑になります。予約通りに診察を受けられない場合は、必ず事前に連絡しましょう。無断キャンセルが続くと、予約を受け付けてもらえなくなる場合もあります。

GPオンラインサービス

NHSイングランドでは、2015年からオンラインでGPの診察予約をしたり、自分の診療記録を部分的に閲覧できるようになりました。オンラインサービスの利用を希望する場合は、登録しているGPに出向き、オンライン利用申込書を提出して登録します。サービスや利用の詳細は、www.nhs.uk/patientonlineで確認を。

NHSウェブサイト

英国全土 www.nhs.uk
イングランド www.england.nhs.uk
ウェールズ www.nhsdirect.wales.nhs.uk
スコットランド www.scot.nhs.uk
北アイルランド www.hscni.net