代替医療

英国人の健康維持に民間療法として歴史的実績があるアロマセラピー、ホメオパシー(同種療法)、リフレクソロジー、ハーブ薬や漢方、鍼灸、指圧、レイキなどの東洋医療、また、ヨガ、マッサージなどは代替医療(complementary medicine/therapy)として認められており、公認機関(ICM/Institute for Complementary Medicine)が規制と同時に療法士(practitioners)の育成も行っています。

ICMに問い合わせると、国家資格を持った療法士を紹介してくれます。

これらの施療を専門に行う所はクリニックといい、いずれも予約が必要です。 治療を受けたい場合は事前に連絡しましょう。

ホメオパシー、ハーブ薬などは、処方箋がなくても薬局や専門店で求められます。購入の際は、専門家に相談しましょう。

代替療法は、一般的に風邪の諸症状、肌のトラブル、不眠、アレルギー症状、消化不良、偏頭痛などの慢性症状に効果があるとされ、積極的にこれらのクリニックを紹介してくれるGPも少なくありません。興味がある場合はGPに相談してみるとよいでしょう。

NHSでも、ロンドンとグラスゴーでホメオパシー治療が受けられる病院を運営しています。Royal London Hospital for Integrated Medicine(60 Great Ormond Street, London WC1N 3HR)、Glasgow Homoeopathic Hospital(1053 Great Western Road, Glasgow G12 0XQ)

漢方薬

漢方薬(Chinese herbal medicine)は、漢方薬局で調合してもらいます。予 約を入れた方が無難。鍼灸などの診療所を兼ねているところもあります。