プライベート医療では、NHS のGPとは別に、患者が民間の病院や開業医を選べ、複数の医師に診察してもらうことが可能です。医療費はプライベートの保険に加入するか、患者の全額負担となります。

プライベート医療では、NHSより比較的早く治療を受けられ、患者の希望がより聞き入れられますが、救急診療は行わない場合が多いようです。

専門医の治療を受けるには、プライベート保険の加入条件によっては、NHSのGPや日系クリニックからの紹介が必要な場合もあれば、自分で予約して診てもらえる場合もあります。また、GPの紹介が不要でも保険会社の承認が必要な場合もあります。保険の条件をよくご確認ください。専門医からは、紹介した医師へ患者の治療経過が報告されます。

ドクターの選択

医師を選ぶ際は、病院の設備(検査、手術、入院など)や他の専門医との連携のよさがポイントになります。知人の意見などを参考に。

一般的には、NHSとプライベートの一長一短をふまえ、両者を使い分けているのが実状。

日系クリニック

ロンドン中心部や郊外には、日本人医師のいる日系クリニックがいくつかあります。

医療保険

プライベート医療治療費のための保険(一部を除き歯科は対象外)も数々あります。日系クリニックでは、日本の海外旅行保険のキャッシュレスサービスが利用できますが、クリニックが保険会社と提携していないと、利用できない場合もあるので、事前に確認を。