アーカイブ: プレミアフットボール通信

プレミアフットボール通信

カタールW杯日本代表が首位突破!大番狂わせの理由は?

現在中東カタールで絶賛開催中のサッカーW杯。 1日最多3試合という白熱した戦いが繰り広げられ、寝不足の方も多いのではないだろうか。 我らが日本代表も、南米コスタリカに敗退したものの、優勝候補の強豪ドイ…
もっと読む
プレミアフットボール通信

世界の冨安がついにスタメン復帰

プレミアリーグの日本人プレイヤーと言えば誰を思い浮かべるだろうか? 昔であればレスター優勝メンバーの岡崎慎司、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司、またサウサンプトンでキャプテンを務めた吉田麻也など…
もっと読む
プレミアフットボール通信

今すぐサッカーのサポーターを辞めた方がいいかもしれないたったひとつの理由

今すぐフットボールサポを辞めた方がいいかもしれません。 この度、美容外科のが、2,000人以上の男性に「ストレスを感じること」についてアンケートをとったところ驚愕の結果が出た模様。 なんと、10人中7…
もっと読む
プレミアフットボール通信

「天才作詞家」プレミアリーグチャントの奥深さが異常な件

先日ロンドンで行われたウェストハム v マンチェスター・シティの試合中、シティサポからウェストハムのある選手にこんなチャントが投げつけられた。 Man City fans singing ‘that’…
もっと読む
プレミアフットボール通信

元チェルシーオーナーのロマン・アブラモビッチ氏が毒殺未遂?

ロシアとウクライナの戦争を受け、先日チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモビッチ氏の資産凍結の話を先日アップしたばかりだが、今度はそのアブラモビッチ氏が中毒症状を訴えていることがニュースとなってい…
もっと読む
プレミアフットボール通信

オーナー・アブラモビッチの資産凍結でチェルシーは今後どうなるのか?

Embed from Getty Images チェルシーオーナー、アブラモビッチに制裁措置 ロシア・ウクライナ戦争の余波が、プレミアリーグを直撃している。 3月上旬、チェルシーのオーナーであるアブラ…
もっと読む
プレミアフットボール通信

「ルーニーが可愛く見える」プレミアリーグサッカー選手の不祥事5選

最近プレミアリーグの暗黒面が騒がしい。 過去、ポール・ガスコインやジョージ・ベストといったスーパースターが暴行容疑などで世間をお騒がせしたのはつとに有名だが、そういった問題行動の遺伝子は現在の選手達に…
もっと読む
プレミアフットボール通信

「プレミアリーグに最強のクロフネ襲来」ニューカッスル古豪復活なるか?

プレミアに最強の黒船襲来。 10月7日とんでもないニュースが飛び込んできた。 サウジの政府系ファンドPIF主導で、PCPキャピタルパートナーズ&ルーベン・ブラザーズがニューカッスルを買収完了のニュース…
もっと読む
プレミアフットボール通信

アーセナルに降臨した一人の日本人 冨安健洋が救世主となるか?

この夏、一人の日本人DFがアーセナルにやってきた。 彼の名は冨安健洋。日本代表不動のCBだ。 アーセナルは「右サイドバックの不在」という万年の悩みを抱えていた。そこに日本人が救世主としてやってきたわけ…
もっと読む
プレミアフットボール通信

EURO2020決勝で敗れたイングランドの失望、そして本当の勝負とは?

一ヶ月にもわたって開催されてきた欧州サッカーの祭典「EURO2020」も、イタリアの劇的優勝で幕を閉じた。 その対戦相手となった我らがイングランド。 55年ぶりの決勝進出、しかも地元開催ということもあ…
もっと読む
プレミアフットボール通信

裏ワールドカップ『ユーロ2020』の醍醐味とは?

6月11日、コロナ禍の影響で1年遅れで開幕した『ユーロ2020』。通常1都市開催のこの大会だが、これまたコロナ禍の影響を受け、準決勝と決勝こそウェンブリーで行われるものの、そこまでは欧州11都市での分…
もっと読む
12