サッカー

824147_85145522 (1)

言うまでもなく、英国で一番人気の高いスポーツはサッカー(英語ではフットボール)です。このスポーツの持つ影響力の大きさは、まさしく国民的レベル。(サッカー協会

イングランドにおける主要なプロ・チーム数は92(スコットランド、ウェールズ、北アイルランドはそれぞれ独自のリーグを持つ)。上位20チームのプレミア・リーグ、チャンピオンシップ、リーグ1、リーグ2の4つに分かれ、各ディビジョンでリーグ戦が行われます。毎年成績により各ディビジョン上位・下位3チームの入れ替えがあります。シーズンは8~5月。

リーグ戦観戦チケットは、試合日の約3~8週間前から発売。チームのオンライン予約センター、スタジアム、チケットオフィスなどで買えます。マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーなど、人気チームのチケットは入手が困難ですが、地方チームのチケットは比較的手に入りやすいようです。

年会費を払ってチームのサポートメンバーになるとチケットの優先予約ができ、チケット入手の確率は高くなります。

リーグ戦と平行して、FAカップやリーグカップ、ワールドカップ級の国際試合を含めたトーナメントも数多く開催されます。これらのチケット入手は、非常に困難ですが、チケットオフィスなどを通して早めに手配をすれば手に入ることも。

試合結果や対戦相手などによってはファンが暴徒化することもあるので要注意。大試合の観戦をする際は注意してください。

テニス

英国内の主要なテニストーナメントに関する問い合わせは、ローンテニス協会へ。

ウィンブルドン選手権の前哨戦といわれるクイーンズ・クラブ選手権(Queenʼs Club Championships、現在はスポンサー契約のためFever-Tree Championships と呼ばれる)は、西ロンドンのクイーンズ・クラブで開かれます。

【ウィンブルドンテニス】

6~7月に開催されるウィンブルドン選手権の準々決勝以上のセンター・コート、第1・第2・第3コートのチケット申し込みはオンラインで受け付けています。こちらにアクセスし、「The Public Ballot」に登録。その後は9月のお知らせを皮切りに、11月のオンライン申し込み、翌1月の抽選開始など、順次案内が届く仕組みだ。チケットは当選者だけに販売される。その他のコートの試合には当日券もあるが、人気選手の試合は前の晩や当日早朝から並ぶ覚悟が必要だ。センター・コートと第3コートのチケットの一部は、オンライン販売サイト、 Ticketmasterでも購入できるものの、ほぼ発売と同時に完売してしまうことが多い。前売り券が入手できない場合は、試合当日、現地の「Ticket Resale Kiosk」で再販売される返還チケットを求めよう。ただしこちらも行列覚悟で。

※2022年の開催は6月27日~7月10日。2022年分のチケットは、新型コロナウィルスの影響で中止となった2020年の当選者に優先的に割り当てられる。追加チケットの販売も例年通りになる予定だ。

ゴルフ

英国の主要なゴルフトーナメントに関しての問い合わせは、プロゴルファー協会まで。

全英オープン(The Open Championship)の日程と開催地は、およそ5年先まで予定されています。The Openで確認を。

競馬

競馬は、1年を通してフラットレース(平場)とジャンプレース(障害)が各地で開催されます。問い合わせは、英国競馬統括機構へ。

ほとんどのレース場へは当日券で入場できます。

2大フラットレースは、社交界の女性が奇抜な帽子をかぶって集うレディースデーがあることで有名なロイヤル・アスコットと、エプソム競馬場で開催されるダービー。人気の席はすぐになくなるので、ご購入はお早めに。

障害レースの最高峰は、3月にコッツウォルズのチェルトナム競馬場で開催されるザ・フェスティバルと、4月にリバプール郊外のエインツリー競馬場で行われるグランド・ナショナル。ドラマチックなレースが毎年ファンを魅了します。掛け方は簡単なので、挑戦してみても。

競馬場の観戦席は、社交の場「メンバーズ」、パドックにアクセスがある「グランド・スタンド」、ピクニックができる「シルバー・リング」など、エンクロージャー(Enclosures)と呼ばれるいくつかの区域に分かれています。

モータースポーツ

カーマニアの多い英国らしく、カート・レースからクラシックカー・ラリーまでバラエティー豊かなショーやイベントが各地で催されています。レースやイベントの問い合わせは、各サーキット場、またはモータースポーツ協会へ。

ラグビー

サッカーに劣らず人気の高いラグビーには、15人制の「ラグビーユニオン」と13人制の「ラグビーリーグ」があり、ほぼ通年で試合があります。

最大の対抗戦は、毎年2~3月頃行われるイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、フランス、イタリアの6ヵ国対抗戦。会場はラグビーの殿堂、ロンドン南西部のトウィッケナム・スタジアムをはじめ、6ヵ国それぞれの国で行われます。チケットの問い合わせはRugby Football Unionへ。

クリケット

1試合が1日6時間、3~5日にもおよぶこともあるクリケット。ルールは難解ですが、夏の風物詩ともいえる英国の国技の1つ。各地区対抗のプロゲーム、アマチュアゲーム、テストマッチ(国際ゲーム)があり、シーズンは4~9月。

生の試合を観戦したいが、通常の試合は日数が長くかかりすぎるという方には、ワンデー・クリケット(Limited Overs Cricket)と呼ばれる、1日で終了するゲームもあります。

クリケットの聖地といわれるロンドンのローズ・クリケット競技場での試合のチケット予約は、メリルボーン・クリケット・クラブへ。その他の試合についての問い合わせは イングランド・アンド・ウェールズ・クリケット委員会へ。

ポロ

王室や貴族のスポーツとして定着しているポロは、馬に乗ってスティックでボールを打ち、ゴールに入れる競技。英国とアイルランドを合わせると、屋外で活動するクラブは約90。シーズンは5~9月末。(ポロ世界協会

スヌーカー

ビリヤードとはルールも道具も違うスヌーカーも、ファンの多いスポーツ。赤玉と色玉を交互に落として得点を競います。微妙な駆け引き、見事なショット、張りつめる緊張感に見応えが。世界大会の問い合わせは、ワールド・スヌーカーへ。