アーカイブ: プレミアフットボール通信

プレミアフットボール通信

日本代表オリンピック出場決定も素直に代表選出を喜べない理由

サッカー男子日本代表は、パリオリンピックをかけたアジア最終予選準決勝でイラクを2対0で破り、決勝戦を待たずして、8大会連続のオリンピック出場を決めた。 ◤ー・ー・ー・ー・ー・ 𝑮𝑶 𝑻𝑶 𝑷𝑨𝑹𝑰𝑺━…
もっと読む
プレミアフットボール通信

日本代表のアウェイ北朝鮮戦が中止になった理由が意外すぎる件

日本代表に予期せぬ問題が勃発している。 3月21日にホームの国立競技場で行われたW杯予選、北朝鮮戦に1-0で勝利した日本代表だが、26日アウェイで行われる予定だった試合が一転、北朝鮮の都合により開催が…
もっと読む
プレミアフットボール通信

アジア&アフリカ最強決定戦が欧州に与える多大なる影響とは?

2024年という新たな幕開けと共に、アジアとアフリカという広大な大陸で熱い火蓋が切って落とされた。 それがサッカーでアジア最強を決めるアジア杯と、アフリカ最強決定戦のアフリカネイションズカップだ。 熱…
もっと読む
プレミアフットボール通信

プレミアリーグ崩壊の始まり?エヴァートンの10ポイント剥奪とシティの500年戦争

11月17日、プレミアリーグが激震するニュースが飛び込んできた。それが、「エヴァートン FFP違反により10ポイント剥奪」。 BREAKING! Everton have been handed a …
もっと読む
プレミアフットボール通信

アーセナルの冨安健洋がプレミアリーグ初ゴールを記録

アーセナル所属の日本人選手である冨安健洋が、28日行われたシェフィールドユナイテッド戦でプレミアリーグ初ゴールを決めた。 Takehiro Tomiyasu's first Arsenal goal …
もっと読む
プレミアフットボール通信

何故彼らはこの大会を目指すのか?チャンピオンズリーグの真の魅力とは…

9月19日、23/24 UEFAチャンピオンズリーグが開幕した。 これは欧州各国リーグの上位クラブが集結し最強クラブを決する大会で、イングランドのプレミアリーグからも、昨季優勝のマンチェスター・シティ…
もっと読む
プレミアフットボール通信

日本人は要注意!プレミアリーグ23/24開幕

8月11日ついにプレミアリーグが開幕した。 記念すべき開幕戦は、王者マンチェスター・シティがバーンリーに3-0快勝と盤石の強さを見せつけ、4連覇に向け好発進を果たした。 しかし今季の注目はシティだけで…
もっと読む
プレミアフットボール通信

「サーカスの開演」マンチェスター・シティ優勝の影にあるもの

5月21日、アーセナルは古豪ノッティンガム・フォレストにアウェイにて1-0で敗退。 これにより今季のプレミアリーグタイトルはマンチェスター・シティが獲得することとなった。 ¡CAMPEONES DE …
もっと読む
プレミアフットボール通信

「審判団が異例の3度目の謝罪」三笘薫VARに破れる

ブライトンの三笘薫をめぐる誤審がプレミアリーグをざわつかせている。 4月8日アウェイロンドンで行われたトッテナム対ブライトン戦において、16分右肩で受けたトラップからのゴールがVARの結果ハンドとみな…
もっと読む
プレミアフットボール通信

BBC激震!ゲーリー・リネカー氏降板問題における表現の自由

BBCが激震である。 老舗のフットボールハイライト番組『Match of the Day(MOTD)』の名物司会者、ゲーリー・リネカー氏が一時降板を言い渡された。 その理由が、政府の移民政策に対しSN…
もっと読む
プレミアフットボール通信

カタールW杯日本代表が首位突破!大番狂わせの理由は?

現在中東カタールで絶賛開催中のサッカーW杯。 1日最多3試合という白熱した戦いが繰り広げられ、寝不足の方も多いのではないだろうか。 我らが日本代表も、南米コスタリカに敗退したものの、優勝候補の強豪ドイ…
もっと読む
プレミアフットボール通信

世界の冨安がついにスタメン復帰

プレミアリーグの日本人プレイヤーと言えば誰を思い浮かべるだろうか? 昔であればレスター優勝メンバーの岡崎慎司、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司、またサウサンプトンでキャプテンを務めた吉田麻也など…
もっと読む
プレミアフットボール通信

今すぐサッカーのサポーターを辞めた方がいいかもしれないたったひとつの理由

今すぐフットボールサポを辞めた方がいいかもしれません。 この度、美容外科のが、2,000人以上の男性に「ストレスを感じること」についてアンケートをとったところ驚愕の結果が出た模様。 なんと、10人中7…
もっと読む
12