スーパーマーケットでは日常品を、ブランド品やジュエリー、家具など生 活用品はデパートや、それぞれに特化した専門店で購入するのが一般的です。それに加え、日本にはない店舗形態もあります。

ユニークな店舗

新聞・雑誌、食料品、日用雑貨の他、たばこや酒類、オイスター/定期券、宝くじなどを扱うキオスクのような店をニュースエージェント(Newsagent)といい、至るところにあります。郵便業務を行うところもあり、比較的長時間営業しています。

店舗に商品はなく、設置されているカタログから商品を選び、精算をすませると倉庫から商品が出てくるスタイルのArgos。家庭用品、電化製品、ベビー用品、玩具、庭の道具、家具からアクセサリーまで、あらゆるものが揃っている便利な店。

色やサイズ、個数は、そのとき販売されている物だけ。在庫整理やシーズンオフになった高級ブランドから無名のブランドの品々まで、通常よりお手頃な価格で手に入るTK Maxxは、衣類、バック、食 料品、家具、アクセサリー、化粧品、バスルーム用品、家庭雑貨などあらゆる品を扱っています。良い品に出会ったら即購入することがポイント。

 

ロンドン中心ショッピングエリア

日曜営業

日曜営業法により、売り場面積が280 平方メートルを超えるサイズの店舗の日曜日の営業時間は、10:00–18:00の間の継続する6時間と定められてい ます。

祝祭日の営業

12月25日のクリスマスと26日のボクシングデー、春のイースターサンデー(日にちは年によって変動)には、多くの店が閉まります。

12月24日と31日は、閉店時間が早まります。また、1月1日は閉店するところが多いので、事前に確認しましょう。

返品のルール

通常は、使用前であれば返金(refund)の請求ができます。もちろんレシートがあることが望ましいのですが、レシートがなくても請求する権利はあります。各小売店が定める期限まで返品できない場合は、事前に連絡を入れておきます。対応した担当者の名前やメールの控えは取っておきましょう。

不良品のため返金を申し出た際、店側から返金の代わりに、商品券や修理、 等価交換を勧められても、納得がいかなければ応じる必要はなく、返金を請求できます。

自分の間違いでサイズや色の違うものを購入してしまった場合も、期限内であればたいていは返金に応じてくれます。

店によってレジ付近に返品ルール(refund policy)が表示されていますので、念のために確認を。レシートに印刷されている場合もあります。

セール品でも、ほとんどの店で返品や交換が可能。返品受付の期間や条件が通常と異なる場合があるので確認を。

後の面倒を避けるためにも、日頃から買う前に商品の状態(靴の左右のサイ ズ、衣類のほころび、傷など)を確かめるよう心掛けましょう。

セール

大々的なセールの時期は、6月末~7月と12月のクリ スマス明け~1月の年2回です。これに加えて最近ではシーズン半ばにセールを設ける小売店もあります。 近年では、クリスマス商戦時期のブラック・フライデーやサイバー・マンデーと呼ばれるアメリカ由来のセールも広く実施されています。

 

保証期間の延長

電気製品などの購入時には、通常の保証期間を延長するextended warrantyを付けるか聞かれます。洗濯機や食洗機にはかけた方がよいとの消費者レポートもあります。保証期間以降の修理には実費がかかります。