荷物整理

日本に持って帰る荷物と処分する荷物を選別する際には、日本での生活スタイルや品物の必要度、引越経費などを考慮しましょう。

広告を出す

日系の情報誌やウェブサイトに帰国売りの広告を出します。帰国前の忙しい時期に対応に追われないよう、広告はできるだけ早い時期に出しましょう。また、電気製品や家具は後で問題が起こらないよう、受け渡しの際に買い手に確認してもらうことが大切です。

チャリティーショップ

どの街にも必ずあるチャリティーショップ。不要なものを寄付することができます。チャリティーショップの売り上げ金は、発展途上国の支援などそれ ぞれの団体の慈善事業にあてられます。大きな家具や電気製品の寄付は取り扱っているかどうか、事前に確認が必要です。最寄りのチャリティーショップの所在地は、www.charityretail.org.uk で確認を。

【主なチャリティショップ】

All Aboard
Barnardoʼs
British Heart Foundation
British Red Cross
Cancer Research UK
Crisis
Dogs Trust
Oxfam
The Salvation Army
Save the Children
Shelter

カーブーツセール

カーブーツセールとは、自動車のトランクを店台にしたフリーマーケッ ト。最終的に値段を大幅に下げれば完売の可能性あり。

粗大ゴミ

粗大ゴミはカウンシルが有料(一部 無料の物もあり)で引き取ってくれます。料金などの詳細は各カウンシルのウェブサイトで調べましょう。

車の処分

車を日本に持ち帰る場合、輸入税や輸送費、車検登録などの経費がかかります。英国で処分する場合は、中古車の専門業者を使うのが一般的。 現地ディーラーと、日本語で諸手続きができる日系ディーラーがあります。専門誌などに広告を載せて個人売買もできますが、保険や税金などの諸手続きを個人の責任で行うことになります。

(協力:英国日本通運