引越準備

最後の引越はご帰国の2~5日前までに済ませます。掃除やインベントリーチェックアウトは家を引き払った後に行われ、デポジットが戻るのはその後となります。

オンラインによる引越セミナーを開催している引越会社もありますので、タイミングが合えば参加し、引越の流れをつかんでおきましょう。

繁忙期

3~4月、7~8月、年末年始は繁忙期です。この時期は引越の事前予約はもちろん、帰国のフライト予約をお早めに。

下見依頼

引越の業者や下見依頼はできるだけ早めに決定しましょう。下見の際には、引越の日程や作業内容も話し合います。駐在員の場合、一般的に日本へ送るものに関しては会社規定が設けられていますので、事前に調べて送れる 荷物量を把握しておきましょう。あらかじめ退去前のハウスクリーニングの日程や帰国までのスケジュールなどがわかっていると、担当者との打ち合わせがスムーズに進みます。

最近では、下見もリモートで行われることが多いようです。

訪問下見の場合は、普段の生活のままの状態で行われます。送る物、残していく物、処分する物を説明できるようにしておきましょう。

荷造りと選別

梱包資材を取り寄せたら、使わない物から箱詰め。重い物は小箱に入れ、箱には帰国後に住む家の部屋割を記しておきます。

まずは、「日本へ送るもの」「知人や 後任の方に譲るもの」「処分するもの」「現住所へ残すもの(家主の備品など)」に分けます。引越の第1歩は不用品の処理からとも言われます。この機会に荷物を整理して知人に譲ったり、不要なものは廃棄するなどの処理をしておきましょう。現住所へ残すものについては、他の荷物と混同しないように注意が必要です。いつ、どの場面で使うかをイメージすると、荷物の仕分けがしやすくなります。引越業者から支給される仕分け用シールは大変便利です。

荷物の送り方には「船便」と「航空便」があります。船便と航空便を両方利用する場合は、まずは貴重品や帰国後すぐに必要な物を「手荷物」、帰国してから早い時期に必要となるものは「航空便」、航空便に入りきらない物を「船便」に入れるとよいでしょう。

勤務先の会社規定によっては、船便を時期をずらして複数回使うことも可能です。手荷物と航空便は重量制限もあるので、航空会社や引越業者に確 認しておく安心です。

貴重品を引越荷物に入れないよう、気をつけましょう。

梱包

梱包は、全て引越業者に任せることもできますが、自分で整理・梱包を希望する場合は、事前にダンボールなどの梱包資材を配達してもらいましょう。一般的に、衣類や書籍、日用雑貨は自分で梱包し、食器・置物などの割れ物、電化製品や家具は引越業者に任せるのがよいでしょう。

梱包明細書

荷物の輸入通関と輸送保険用に、梱包明細書が必要となります。これは、荷物の内容とその保険金額を記すものです。

梱包明細書は作業当日に引越業者が作成してくれますが、荷物の保険金額は自分で記入します。補償額が十分になるように保険をかけましょう。保険の種類にもよりますが、一般的に、記入した保険金額が補償額の上限となります。勤務先によっては、付保額上限が定められている場合があるので、超過しないよう注意してください。損害賠償の対象にならないものもあるので、あらかじめ引越業者に確認しておきましょう。

新居で

引越業者が新居に搬入の際は、荷物を各部屋に振り分けられるよう、梱包明細書にどの部屋に入れるかを記入しておくことをお勧めします。家具は 引越業者が開梱・組立て・据付までしてくれるので、あらかじめ据付場所を決めておくとよいでしょう。

引越当日

引越にはかなりの労力が必要となります。当日にやることも意外と多いので、十分な睡眠をとって備えておきましょう。

当日は引越業者の到着前に、携帯する貴重品(パスポート、財布、宝石類、重要書類など)を引越荷物とは別に保管していることを確認してください。

廃棄物は少量であれば引越業者が処分してくれますが、生ゴミ、食品、空瓶、空缶、液体、植物、土、砂は扱いません。リサイクルが可能なものは事前に処分しておきましょう。

作業終了後、荷物の出し忘れがないか家の中全体を確認し、備品や家具などは入居時にインベントリーチェックインをしたときの状態に戻してください。入居時に撮影した写真があると便利です。

住まいの後始末

専門業者によるハウスクリーニングの手配は、退去前に済ませておきます。清掃内容は不動産会社や家主によって異なるので、事前に内容を確認しておきましょう。不動産会社によっては、専属の清掃業者が指定されている場合も あります。

インベントリーチェックアウト時に清掃不備を指摘された場合は、すぐに再クリーニングを手配してください。破損や紛失が認められた場合(自然消 耗を除く)には、原則としてテナントが弁償し、この費用は敷金/デポジッ ト(deposit)から差し引かれるのが一般的です。

(協力:英国日本通運