ウイスキー

スコットランド名産の1つ、スコッチ・ウイスキーの定義は、スコットランドで蒸留され、3年以上熟成されたウイスキーのこと。大麦麦芽だけで造られ、単式蒸留機、オーク樽で熟成された「モルト」と、大麦とほかの穀類から造られて蒸留過程も違う「グレン」があります。

ほかのモルトとブレンドしていない、あるいは1つの蒸留所だけで作られたものがシングル・モルト。スコッチ・ウイスキーの原型です。

The Scotch Malt Whisky Society」の会員(有料)になると、さまざまな味に出会えます。

スコットランドに比べると小規模ですが、北アイルランドやウェールズでもウイスキーを生産しています。

スコットランドには130以上の蒸留所があり、特にその半数が集中するのはスペイ河畔。見学のできる蒸溜所も多くあります。

ワイン

英国ワイン、特に白やスパークリングは、海外でも評価が高まっており、国際的な賞を受賞している銘柄も数多くあります。

ワイナリーは、ロンドン近郊のケント(Kent)やサリー(Surrey)に集中し、そのほとんどは見学可能。ドライブやピクニックがてら、ローカルワインを探しに行くのもよいでしょう。10月はブドウの収穫期。ガイド付き見学やワインテイスティング、ワイナリーが所有するパブやレストランでの食事とワインを楽しめるプランがあるワイナリーもあり、ほとんどが有料。

ジン

Motherʼs ruin(母の破滅)」こと、ジンは、英国でもっとも飲まれているスピリッツ。ここ数年はクラフトジン・ブームが起きています。蒸溜所では、試飲や蒸留所ツアーに参加してジンの製造プロセスを学ぶことができます。

2020年より発売になった英国女王の庭園で育った柑橘類やハーブを使った「バッキンガム宮殿ジン」。生産数が限られているので、早めの予約が必須。

日本酒

日本酒ブームを受けて英国でも製造されています。現在2ヵ所で生産しています。

www.dojimabrewery.com
www.kanpai.london