【日本へ一時帰国の際の買い物は免税に】

海外在住の日本人は、一時帰国した際に日本での購入品について消費税の免税措置を受けることができ、主な百貨店は申告書の作成を受け付けている。申告には、海外在住で、一時帰国の期間が6ヵ月以内である人(外国での居住年数も条件にしている百貨店もある)。免税措置の条件は、同じ店で1日に一般物品5,000円(消費税除く)以上、消耗品5,000円~500,000円(消費税除く)の 範囲で、一般物品と消耗品の組み合わせに も適用される。消耗品は日本国内での使用 や譲渡はできず、また一般物品と消耗品を組み合わせての免税の場合は、両者共に指定された包装がなされ、消費されないよう になっていることが条件となる。申告には、日本入国印の押されたパスポートが必要のため、必ず入国時にスタンプを押してもらうこと。買い物をした店の免税カウンターで購入日に手続きをし、その場で現金にて返金される(カードで購入した場合を含む)。 出国時に手続きを忘れずに。

詳しくはこちら