早めの準備

帰国後の学校の選び方によって英国での生活の仕方が変わることもあります。英国赴任が決まった時点で、情報を得ておくと安心です。「帰国生受け入れ校についての情報入手先」を参考に。

日本の小・中校編入

公立小・中学校では随時生徒を受け入れています。公立小・中学校に編入を希望 する際は各地域の教育委 員会に相談の上、学校訪 問をし、校長または教頭との面談を申し出るとよいでしょう。私立小学校 の場合は、欠員のあるところが少なく、編入試験を実施していても倍率が 高いようです。私立中学校では、欠員が出た場合、 編入試験を7~8月または1~2月に実施しますが、随時編入試験を行うところもあります。

日本の高校編入

高校へ編入する場合は、公立・私立ともに、空きがあれば編入試験を受けられます。空きの有無は、学校やその地域の教育委員会に連絡して確認します。

日本の中学・高校受験

帰国子女の多くは一般入試ではなく、帰国生受け入れ校を受験する傾向があります。帰国生受け入れ校については、下記「帰国生受け入れ校についての情報入手先」を参考に。

日本の大学受験

帰国生受け入れ枠を設けている多くの大学では、願書提出とともにAレベ ル、IB、SAT、TOEFLなどの統一試験結果の提出が求められます。入試の際 は、文系では英語・国語・小論文、理系では数学・理科・小論文を課するところが多くなっています。小論文は日本語で書かせる大学がほとんどですから、普段から確かな日本語力を身につけておくことが大切です。

 

【海外・帰国子女のための 無料教育相談ウェブサイト】

海外子女教育に長年の経験がある専門カウンセラーが 具体的なアドバイスを行う。
JOBA

【帰国生受け入れ校についての情報入手先】

帰国子女のための学校便覧
(海外子女教育振興財団)

母親が歩いて見た帰国生のための学校案内
(フレンズ帰国生 母の会)

帰国生への学校案内<関西>
(関西帰国生親の会かけはし編)

海外・帰国生のためのスクールガイドBiblos
(JOBAビブロス編集部)

(協力:JOBA International London