制服

英国の多くの学校では、小学校のレセプションから制服を着用します。制 服は学校で販売される場合もありますが、標準的な制服を使用している学 校の場合は、デパートや大型スーパーでも購入できます。

ランチ

公立、私立を問わず、学校には給食(School Dinner)がありますが、お弁当 の持参も許可されています。

教科書

日本のように決まった教科書はありません。特に公立小学校では、さまざまな教材を用いて授業を進めます。教科書を使う場合にも、教科書はすべ て学校所有となり、それを借りて勉強します。そのため家に教科書を持っ て帰ることはほとんどありませんが、家庭に持ち帰らせたい場合には、担当の先生に申し出るとよいでしょう。

宿題

小学校低学年のうちは、毎週本を数冊持って帰ってきます。家庭では、子どもの読書を助け、意味のわからない単語を調べさせるなど十分なサポートが必要です。また連絡帳などに子どもの読書の状況を記入し、毎週担任 の先生とやり取りをします。読書以外の宿題は、算数などのプリント類になります。公立小学校に比べ、私立小学校の宿題は多めです。

セカンダリースクールになると、毎日宿題が課されます。提出期限などについてもきびしく、生徒の管理能力を養成する機会となります。

保護者会

保護者と教師との面談があります。面談はペアレンツ・イブニング(Parentsʼ Evening)と呼ばれ、両親そろって参加できるよう夜間に行われます。学校 にもよりますが、秋と春の年2回行われること多いようです。

誕生会

英国人の多くは、子どもの誕生会を盛大に行います。自宅で行うこともありますが、同じクラスの生徒のほとんどを招待するような場合には、パーティーができる施設を使います。招待状をもらったら、できるだけ参加さ せたいところです。誕生会実施の要領を覚えたら、今度は自分の子どもの 誕生会も同じようにやってみるとよいでしょう。誕生会をきっかけにし、 子どもだけでなく親同士の交流も深まるかもしれません。

(協力:JOBA International London